1月21日、モデルのKoki,が「第31回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の10代部門に選出され、東京ビッグサイトで行われた表彰式に登壇した。

 Koki,は、胸元がざっくり開いた純白のドレスで表彰式に登場。副賞として贈られた、ダイヤモンドのネックレスとバングルを身に着け、喜びの笑顔を見せた。

 受賞スピーチでは、「ブルガリのアンバサダーも務めさせていただいているので、このような賞をいただけることを、大変光栄に思います」と感激の面持ち。続けて「自分が素敵だなと思えるジュエリーにふさわしい女性になれるように、これからも頑張っていきたいと思います」と、豊富を語っていた。

 「日本ジュエリーベストドレッサー賞」は、過去1年間を通じて「最も輝いている人、宝石が似合う人」を世代別、男性部門、特別賞のそれぞれに分けて選考し、表彰するもの。日本最大の宝飾展「国際宝飾展」の併設イベントとして、会期中に開催されている。受賞者の選考は、宝飾業界関係者からのアンケートをもとに、同展の主催者である、リード エグジビション ジャパンが行っている。

「第31回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の受賞者
10代:Koki,(モデル)
20代:有村 架純(女優)
30代:木村 文乃(女優)
40代:藤原 紀香(女優)
50代:松下 由樹(女優)
60代以上:原田 美枝子(女優)
男性:田中 圭(俳優)                                       
特別賞(女性):浅田 真央(プロフィギュアスケーター)
特別賞(男性):高橋 英樹(俳優) 
テキスト:水野梨香
撮影:野原誠治