東京五輪本番まであと半年。プラストウ記者は条件付きで、森保監督の続投を支持した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 先のU-23アジア選手権はグループリーグ敗退に終わり、U-23日本代表もファンも大きな失望を味わった。まさに日本サッカー界を意気消沈させる結果で、半年後に控えた東京五輪への楽観的なムードはどこかへ消え去り、チームは新たな戦力の発掘など、狙っていた収穫も得られなかった。

 当然、ファンからもメディアからも森保一監督の資質を問う声が上がっている。はたして現体制のままで競争力を高められるのかと。一方で、選手たちはどこかモチベーションを見失っているように感じられた。実際のところ彼ら候補選手たちは五輪本番のピッチに立ちたいと切望はしているだろうが、そこに向けた気概はあまり伝わってこなかった。そもそもチームとして機能していないのだから、それも難しかったか。指揮官が負うべき責である。

 チーム作りにおいては長期的視野に立って考察するのが肝要だが、同時に結果を得るのも不可欠な要素だ。森保監督は2019年の上半期で期待を抱かせるに十分な戦績を誇ったが、いまや彼の職務はボーダーラインのぎりぎりのところに差し掛かっている。この半年間、短期的なゴールをひとつも決められていないからだ。

 では、森保監督は日本代表チームそのものから去るべきか。あるいは五輪代表チームだけ他の指揮官に任せて、フル代表の指揮は継続すべきか。わたしは、五輪終了まではどちらのチームの指揮も担うべきだと考える。かならずしもポジティブな理由ではなく、条件付きで、なのだが。

 五輪本番に向けて、ベストチームを形成するうえで選手選考はきわめて重要なタスクであり、最大の焦点が当てられなければならない。もはやタイで我々が目撃したような「実験の失敗」などしている余裕はないし、必要もない。

 
 絶対的に欠落しているのは、確固たるダイレクションだ。かつてフィリップ・トルシエがフル代表と五輪代表の監督を兼務していたとき、彼は同じフォーメーションと戦術を選手たちに叩き込み、どんな批判を受けようがそれを徹底させた。両チームを行き来する選手たちが多かったが、彼らはその統一ルールのもとでスムーズにプレーしていただろう。2000年のシドニー五輪を戦ったチームは、2002年の日韓ワールドカップを戦ったチームの基盤となったのである。

 ひるがえって森保ジャパンの場合はどうか。フォーメーションはふたつのチームで異なり、コロコロと変わる。しかも五輪本大会を6か月後に控えたタイミングで、数多くの選手をその状況下でテストしている。これではチームの骨格は一向に固まらない。明らかに是正すべきポイントだ。
 昨年夏のトゥーロン国際大会で日本はイングランド、チリ、メキシコを破り、決勝のブラジル戦も負けはしたが、PK戦での敗北だった。先ごろタイで戦ったチームはあのフランスでの成功からなにを学び、継承し、チーム力の向上につなげたのか。まるで別のチームのようだった。短期的な強化指針がボヤけていれば、より良い長期的な計画など描けるはずもない。

 日本はアジアで勝たなければいけない、というちょっとした強迫観念が、昨今の日本代表チームには常に付きまとう。もはやアジアで日本が勝つのは、決して簡単ではない時代に入ったと認識すべきだろう。それはフル代表のみならずユースレベルも同様で、年々その傾向が強まっている。“負け”ることだってある。

 とはいえ、だ。アジアの大会でグループリーグを突破できなかったのは、いったいどれくらいぶりだろうか。この10年近くなかったはずだ。トゥーロン国際でのあの勢いはどこへ行ってしまったのか。選手たちはその事実をどれだけ重く受け止めているのか。彼らのフットボールキャリアにおいて、U-23アジア選手権はワーストな記憶として刻まれるはずだ。