自殺した陸自隊員の遺族が提訴 紛失した小銃を捜すため残業175時間

ざっくり言うと

  • 陸自守山駐屯地で勤務していた男性が2014年、鬱病を発症して自殺した
  • 演習中に紛失した小銃の捜索業務にあたり、超過勤務時間は月175時間に
  • 遺族らは長時間労働などが自殺の原因とし、損害賠償を求めて国を提訴した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x