相模原殺傷事件の直前に被告と会食 言動に知人女性「恐怖感じた」

ざっくり言うと

  • 相模原殺傷事件の公判で、事件直前に被告と会食した知人の調書が読まれた
  • 被告は「意思疎通できない人を殺す」などの法律を作りたいと述べたそう
  • 明るく優しいイメージだった被告の変わりように、女性は恐怖を感じたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x