英ロンドンで開催された英国アフリカ投資サミットに出席するヘンリー王子(2020年1月20日撮影、資料写真)。(c)Ben STANSALL / AFP

写真拡大

【AFP=時事】英国のヘンリー王子(Prince Harry)は20日、カナダに滞在する妻メーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)と長男のアーチー(Archie)ちゃんと合流するため同国に到着した。英メディアが報じた。王室からの衝撃的な「離脱」を発表したヘンリー王子夫妻は、カナダで新生活をスタートさせる。

 英大衆朝刊紙デーリー・メール(Daily Mail)によると、ロンドンのヒースロー空港(Heathrow Airport)でブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)85便に搭乗したヘンリー王子は、カナダの現地時間午後7時ごろにバンクーバー空港(Vancouver International Airport)に到着したという。

 同紙は、青色のニット帽にジーンズ姿のヘンリー王子がバッグを肩に担ぎ、警備員に護衛されながら機体後方の階段から降りる様子を捉えた写真を掲載。テレビ局スカイニューズ(Sky News)も、降機するヘンリー王子の映像を公開した。

 ヘンリー王子は駐機場で待機していた小型のバンに乗り込み、車は一家が2か月前から生活しているビクトリア(Victoria)への接続便へ向かったとされる。

 バンクーバーとビクトリアの空港で取材に当たっているAFP記者らは、情報を確認できていない。ただ動画担当のカメラマンは、夫妻がここ2か月間滞在しているビクトリアの邸宅から、車両2台が出るのを見たと話している。

 これに先立ち同邸宅付近では、メーガン妃がアーチーちゃんを連れて犬の散歩をする姿が捉えられている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
【関連写真】ヘンリー王子夫妻が一時的に滞在している邸宅付近の様子
新婚旅行はぜひわが国へ! 豪観光相がヘンリー英王子に熱烈PR
【特集】ウィリアム王子とヘンリー王子、幼少時代から現在まで