「『銀座の春先きレモンケーキ』です。」は1月22日(水)より販売開始

写真拡大

「東京ばな奈ワールド」が手掛ける「銀座のケーキシリーズ」から、春恒例の期間限定フレーバー「『銀座の春先きレモンケーキ』です。」が1月22日(水)より登場する。フレッシュなレモンクリームが爽やかな春のイメージにピッタリな同商品は、毎年春先に合わせて発売される人気アイテム。今年は例年よりも一足早くお目見えする。

【写真】魅惑の“ふわとろ”食感!二層仕立てのクリームがたまらない

1991 年に、“新しい時代の東京みやげ”として誕生した「東京ばな奈」は、バナナのおいしさにこだわった「東京ばな奈『見ぃつけたっ』」を筆頭に、世代を超えて愛されるスイーツを幅広く展開してきた。中でも、「銀座のいちごケーキ」を始めとする「銀座のケーキシリーズ」は、季節感をテーマにしたスペシャリティーのあるフレーバーと、“ふわとろ”食感がクセになるとファンの多いシリーズだ。

同シリーズから今回発売となるのが、“春の気配は、レモンの香り”をテーマに作り上げた「『銀座の春先きレモンケーキ』です。」(4個入り448円〜)。ふわふわのスポンジケーキの中には、みずみずしいレモン果汁が溶け込んだ「爽やかレモンクリーム」と、コクのある優しい味わいの「まろやかミルククリーム」を二層仕立てでイン。甘酸っぱいレモンの香りが口の中でふわりと広がり、春先取りのおいしさを堪能できる。

さらに、スイーツのデザイン&パッケージも、“レモンが踊る”ジューシーなデザインに仕上がっている。清涼感あふれるレモンイエローをベースに、リーフグリーンのリボンがアクセントになったパッケージの中には、レモンのワンポイントが入った愛らしいケーキが行儀よく並ぶ。味わいはもちろん、見た目からも春らしいムードが漂うケーキギフトは、ちょっとした手土産や贈り物にもオススメだ。まだまだ寒さの続く時季だが、東京土産の大定番「東京ばな奈」の限定フレーバーで、春気分を先取りしよう。(東京ウォーカー(全国版)・佐藤理沙子)