アマゾン ウェブ サービス ジャパン 代表取締役社長 長崎忠雄氏

Amazon Web Servicesは1月20日(米国時間)、2021年初頭に大阪ローカルリージョンを複数のアベイラビリティゾーン(AZ)で構成される大阪リージョンに拡張すると発表した。

同社は2018年2月に、大阪ローカルリージョンを開設。大阪ローカルリージョンは「AZが1つ」「利用できるサービスが通常のリージョンより少ない」など、通常のリージョンに比べて制限がある。2021年に、3つのAZから構成される通常のリージョンが開設されることで、こうした制限が取り払われることになる。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン 代表取締役社長 長崎忠雄氏は「大阪リージョンを利用したいという声が多かった」と語った。同氏は、大阪リージョンのもたらすメリットとして、以下を挙げた。

複数のAZが利用可能になることで、高い耐障害性を実現

東京リージョンと大阪リージョンを併用することで、基幹システムなどを異なる地点でアクティブに稼働させることを実現

関西圏のユーザーは東京リージョンを利用するよりも低遅延でAWSのサービスを利用化可能になる

AWSのサービスを利用するにあたり、東京リージョンと大阪リージョンを選択可能

リージョンとアベイラビリティゾーンの概要

あわせて、長崎氏は2020年の事業戦略についても説明を行い、注力分野として、以下の3点を挙げた。

スタートアップ、デベロッパー支援を強化

企業の変革と人材教育をサポート

全国の顧客支援を強化する継続的投資

スタートアップについてはこれまでも支援を行ってきたが、今回、グローバルビジネス支援プログラムを新たに立ち上げる。具体的には、デベロッパー向けのWebマガジンを創刊し、マガジンのメンバーに特典を提供する予定だ。また、AWSは機械学習を学習するための完全自走型レーシングカーキットを提供しているが、ユーザーからの「もっといろいろな取り組みを行ってほしい」という声を受け、学生を対象としたロボットコンテストを開催する。長崎氏は「実践に生きるテクノロジーのコンテストになる」と説明した。

デベロッパー向けの新たな取り組み

企業の変革と人材教育のサポートについては、米Amazon Web Services CEOのアンディ・ジャシー氏が昨年12月に年次イベント「AWS re:Invent 2019」で発表した「トランスフォーメーションを成功させるために、経営層がとるべきリーダーシップ4カ条」をベースに支援を行っていく。

トランスフォーメーションを成功させるために、経営層がとるべきリーダーシップ4カ条

経営層とリーダーズに向けては「勉強会」「マイグレーション支援策プログラム」「デジタルイノベーションを学ぶプログラム」などを提供する。また、ビルダー(開発者、技術者)に対しては、トレーニング、デジタル学習のコンテンツ、認定資格制度を拡充する。

経営層とリーダーズに向けた支援

ビルダー(開発者、技術者)に向けた支援

日本における継続的投資としては、「オフィスの拡張と人員の増加」「業界専門チームの拡充」「全国のパートナーの行く強化」などに取り組んでいく。