レアル・マドリー加入が決まったヘイニエル【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーは現地時間20日、フラメンゴに所属するU-23ブラジル代表MFヘイニエルを獲得した事を発表した。移籍金は3000万ユーロ(約36億円)、契約期間は2026年まで。

 ヘイニエルは昨年7月に17歳6ヶ月でフラメンゴのトップチームデビュー飾ると、ブラジル全国選手権で14試合に出場して6得点を挙げる活躍をみせた。現在はU-23ブラジル代表の一員としてコロンビアで開幕した東京五輪南米選手権に出場中で、大会が終わり次第Bチームのカスティージャに合流することが濃厚となっている。

 マドリーにはマジョルカにレンタル中の18歳の久保建英を始め19歳のヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエス、21歳のフェデリコ・バルベルデなど、10代から20代前半に多くのタレントが揃っている。今後彼らが順調に成長すればマドリーの黄金時代が到来するかもしれない。

text by 編集部