JR東日本とJR東日本スタートアップは20日、「JR東日本スタートアッププログラム 2019」で採択したVILLAGE INCと協業し、2月12日から3月22日まで上越線土合駅にて無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」を開設し、地域活性化を目的とした実証実験を実施すると発表した。

上越線土合駅に開設される無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」

実証実験では、「日本一のモグラ駅」として知られる上越線土合駅(群馬県みなかみ町湯檜曽)でグランピング施設「DOAI VILLAGE」を展開し、無人駅の新たな価値を提供する。旅行者や登山者だけでなく、地元住民も気軽に立ち寄れる地域交流が盛んな場を生み出し、地域の活性化をめざす。

具体的には、2月12日から3月22日まで、駅舎内外を活用し、宿泊施設「モグラハウス」や飲食施設「モグcafe」、野外ロウリュサウナを展開。2月12日にオープニングセレモニーとロウリュパフォーマンスが行われる。

無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」

「モグラハウス」内観イメージ

「モグラハウス」は国内初の宿泊できるインスタントハウスで、一般のテントと比べて頑丈で断熱性に優れる点が特徴。冬でも暖かく快適に過ごすことができ、テント内から電車が見える客室で非日常感を演出する。客室数は全2室で、収容人数は2名から。宿泊料金は1名あたり1万8,000円。室内は直径約4m(約20平方メートル)で、寝具・照明器具・アメニティ・食事(夕食・朝食)などを提供する。

「モグcafe」は、谷川岳周辺のアクティビティを楽しむ人や地元住民が気軽に立ち寄って休憩できるように、おにぎりやみそ汁などを販売する駅舎内ラウンジ。営業時間は7〜18時を予定し、メニューはおにぎり・味噌汁・コーヒー・ビールなどを用意する。

野外ロウリュサウナのイメージ

野外ロウリュサウナは、自然の中で手軽に楽しめる特設サウナとして、みなかみの大自然を眺めながらサウナを楽しむことができる。営業時間は11〜18時の予定。定員は4名程度となっている。2月12日に開催する参加無料のオープニングイベントでは、10時から25分間、「DOAI VILLAGE」オープニングセレモニーとしてかがり火の点火が行われる。13〜16時には、「DOAI VILLAGE」体験イベントとして、野外ロウリュサウナでロウリュパフォーマンスや「モグラハウス」内覧が実施される。