年末年始の暴飲暴食で増えた体重は、できるだけ早くリセットしたいもの!

実は冬は、体温を維持するためにエネルギーを消費し、基礎代謝がアップしやすくなるので、1年のなかでもダイエットに適した季節なんだそうですよ。まさに、今こそダイエットのチャンス☆

今日は、冬のダイエットを後押ししてくれるヘルシー食材7つで作るダイエット朝ごはんレシピをご紹介します

【1】ダイエット食材の代表!「鶏むね肉」

ダイエット中の食事は、筋肉を作るタンパク質を多く摂り、脂肪の元となる脂質、糖質を出来るだけ抑えるのが理想的。

それを叶えてくれるのが、もはや減量中の定番食材となっている高タンパク低カロリーな鶏むね肉!

脂身の部分をカットして使うと、さらにカロリーオフになりますよ♪

【おすすめレシピ】鶏むね肉のレンジ蒸し

パサつきがちな鶏むね肉も、加熱しすぎないようにすればしっとりジューシーに♪

塩と砂糖を揉み込んだむね肉はレンジで7分レンチンした後、そのままレンジの中で5分放置。予熱で火を通すので柔らかく仕上がります◎

作り置きしておけばサラダやサンドイッチ、スープなどいろいろ使えて便利。

(しっとりジューシー!「鶏むね肉のレンジ蒸し」の作り置き by:Mayu*さん)

     詳しいレシピをチェック>>

【2】低カロリーでも食べごたえあり!「ブロッコリー」

低カロリーなのにしっかり食べごたえがあり、そしてなんと言って非常に栄養価の高い食材、ブロッコリー。

タンパク質を含む野菜として、筋トレダイエットでも人気がある食材です。

風邪予防や美肌効果もあるビタミンが豊富なのも、うれしいポイントですね♪

【おすすめレシピ】ブロッコリーのチーズおかかごま和え

茹でブロッコリー、すりごま、粉チーズ、おかかを和えたら完成!

塩分控えめなので、ダイエットの大敵むくみ防止にも◎

(ブロッコリーのチーズおかかごま和え by:まんまるらあてさん)

     詳しいレシピをチェック>>

【3】低カロリーで繊維たっぷり!「こんにゃく」

ヘルシーフードの代表といえば、こんにゃく!

100gで5kcalと驚きの低カロリー、さらに食物繊維も豊富に含まれています♪

ただ、こんにゃくに含まれる不溶性食物繊維は摂取しすぎると、逆に便秘になってしまうことも。自分の体質に合わせて、適量を食事に取り入れてみて!

【おすすめレシピ】梅ささみとキャベツのしらたきパスタ

こんにゃくを麺のような形状にしたしらたき。パスタの代わりに使えば、大幅にカロリーカットが可能です!

おいしく作るコツは、しらたきを下茹ですることだけ。

茹でてざるに広げて乾燥させておくと独特の匂いもやわらぎ、水っぽくならないそうです♪

(ダイエットの強い味方!「梅ささみとキャベツのしらたきパスタ」弁当 by:料理研究家 かめ代さん)

     詳しいレシピをチェック>>

【4】キノコキトサンが脂肪を燃焼!「きのこ」

炒めもの、スープ、ご飯、サラダなど幅広く使えるきのこ。香りと歯ごたえの良さが特徴です♪

おいしいだけでなく、低カロリーで食物繊維たっぷり。さらにきのこに含まれるキノコキトサンという成分には血糖値を下げたり、脂肪を燃焼してくれる効果もあるんです!

火も通りやすく、短時間で調理できるので、朝ごはんにも使いやすいですよ◎

【おすすめレシピ】舞茸とキャベツの香味野菜スープ

きのこ類の中でも特におすすめなのが、舞茸!

MXフラクションという舞茸だけに含まれる成分が、余分な脂質を排出する働きを高め、痩せやすいカラダを作ってくれるんだそう。

野菜たっぷりスープに舞茸をプラスすれば、食べごたえアリの栄養満点スープのできあがり♪

(舞茸とキャベツの香味野菜スープ by:庭乃桃さん)

     詳しいレシピをチェック>>

【5】置き換えやかさ増しに◎「豆腐」

タンパク質など多くの栄養を含み、低カロリー、さらにコスパも良い豆腐。

味にクセがないのでお肉に混ぜてかさまししたり、ご飯に置き換えて食べたりするとカロリーダウンに◎

さらに豆腐に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをし、肌や髪、カラダの美しさや若々しさを保つ手助けをしてくれますよ♪

【おすすめレシピ】豆腐とシラスのクイック丼

豆腐、シラス、薬味をたっぷりのせたクイック丼ものレシピ!ご飯を減らして、その分豆腐で「かさ増し」するのがポイント。

低カロリーでもしっかり満足感があるから、これならストレスなく続けられそう♪

(豆腐とシラスのクイック丼ゴマ油風味 by:ひだまりさん)

     詳しいレシピをチェック>>

【6】栄養満点!「卵」

タンパク質を多く含む卵も、ダイエット中に積極的に摂りたい食材の1つ。減量中のアスリートは、筋肉を落とさずに体重を減らすために、卵を食べている人も多いのだとか。

特にダイエット中おすすめなのが、固めのゆで卵。半熟の卵よりも消化に時間がかかり、腹持ちが良くなるそう。

朝ごはんのサラダにトッピングしたり、時間がない時はそのままパクっと食べても◎

【おすすめレシピ】キャベツと卵でお好み焼き風

簡単に糖質オフできるこんなメニューもおすすめ。

小麦粉の代わりに卵を使っていますが、ソースをかけて食べたらまるでお好み焼き!

キャベツたっぷりでしっかりお腹いっぱいになりますよ♪

(キャベツと卵で簡単ヘルシー お好み焼き風 by:岸田夕子(勇気凛りん)さん)

     詳しいレシピをチェック>>

【7】便秘解消にも◎「おから」

おからとは、豆腐を作る時に出る大豆の絞りかすのこと。たんぱく質やカルシウムなどの栄養が豊富で低カロリーなダイエット向き食品です。

おからの効能として1番特徴的なのが、便秘解消効果!食物繊維の含有量がどの大豆製品よりも多いので、慢性的な便秘に悩む人におすすめです♪

【おすすめレシピ】おからの和風ツナサラダ

おからは、食感の似たじゃがいもや小麦粉の代用として使うと簡単にカロリーオフ&違和感なく食べられます。

こちらはポテトサラダ風に仕上げた、おからの和風ツナサラダ♪

マヨネーズ不使用なのであっさりした味わいで、ヘルシーに仕上がります◎

(おからの和風ツナサラダ。 by:あいらさん)

     詳しいレシピをチェック>>

朝ごはんにヘルシーメニューを食べると、ダイエットムードが盛り上がって、ランチやディナーも食べすぎを防止できるかも!

ダイエット食材を使った朝ごはんレシピで、春までにスッキリスリムな体を取り戻しましょう♪♪