英ロンドン・グリニッジ大学で映像制作を専攻する大学生が、ポケモンGOをプレイして1年間で10ストーン(約63.5キロ)の減量に成功した、と報じられています。

ポケモンGOで精神的にも肉体的にも強くなった

トミー・モンクハウス氏は、自身の体型に大きな不満があり、内向的でしたが、ポケモンGOを始めたことで人生が変わった、とゲームを開発したNianticが公開した動画の中で語っています。
 

 
不健康な生活を送っていたモンクハウス氏は、自分だと認識できないような見た目になっていることに気づき、ふさぎ込んでいたところ、友人からポケモンGOを薦められたといいます。かねてからポケモンのファンだったモンクハウス氏は自然にゲームに溶け込むことができました。
 
ポケモンGOのコミュニティにも加わったモンクハウス氏は、今では多くの友達もでき、「精神的にも肉体的にも前よりも強く感じるし、幸せだと感じることができるようになった」と、ゲームが大きな助けとなったと述べています。

台湾のポケモンGOおじさんも以前話題に

2018年に最初に目撃された台湾のポケモンGOおじさんことチェン・サン・ユエンさんは、当時自転車に取り付けた9台のスマホと、2台の手持ちデバイスの合計11台での環境でポケモンGOをプレイする様子が話題となりました。
 

 
11台でも十分多いと思われますが、ポケモンGOおじさんは昨年3月に24台スマホ同時プレイとなって帰ってきました。
 
24台のスマホでゲームをプレイする様子は圧巻で、周囲の注目を集めていました。
 

 
 
Source:Cult of Mac
(lexi)