ミラン、劇的勝利で公式戦3連勝!レビッチ2発でウディネーゼに競り勝つ

写真拡大

現地時間19日、イタリア・セリエAは第20節が行われ、ミランはホームのジュゼッペ・メアッツァにウディネーゼを迎えた。

8シーズンぶりにミラン復帰を果たしたズラタン・イブラヒモヴィッチが復帰後初先発&初ゴールを決め、良い形で前半戦を終えたミラン。名門復活に欠かせないキャラクターであることを改めて証明して見せた“王”の帰還で復調への機運が高まる中、リーグ3連勝中のウディネーゼを迎えた。

試合は早々に動く。6分、右サイドへのロングパスに抜け出したケヴィン・ラザーニャに対し、GKジャンルイジ・ドンナルンマがエリアを飛び出してクリアを試みるも、互いに競り合う形になり接触。ボールだけがペナルティーエリア右に残される形となり、このルーズボールにいち早く反応したイェンス・ラーセンが無人のゴールに流し込んでウディネーゼが早くも先制する。

その後もシンプルなカウンターでミランゴールを脅かすウディネーゼに対し、ミランはイブラヒモヴィッチまでボールを運ぶことができず、シュートチャンスを作ることができない。33分にエリア内右でボールを受けたサムエル・カスティジェホのシュートはGKファン・ムッソの守備範囲。35分には、テオ・エルナンデスの低く速い左クロスにイブラヒモヴィッチが滑り込むも、DFにブロックされてしまう。

ウディネーゼが1点をリードして迎えた後半、追いかけるミランがジャコモ・ボナベントゥーラに代えてアンテ・レビッチを投入するが、開始早々に決定機を作ったのはウディネーゼ。46分、カウンターからラザーニャが抜け出してシュートを放つも、ここはGKドンナルンマが好セーブでピンチを救う。

すると迎えた48分、右サイドをドリブルで持ち上がったアンドレア・コンティがエリア内をえぐって折り返すと、ゴール前に飛び込んできたレビッチが押し込んでミランが同点に追いつく。

采配ピタリで試合を振り出しに戻したミランだが、53分にはステファノ・オカカのパスに抜け出したラザーニャが決定機を得るも、シュートはGKドンナルンマがファインセーブで切り抜ける。

逆転を狙うミランと、カウンターから勝ち越しを狙うウディネーゼ。一進一退の拮抗した展開が続く中、72分にミランが左CKを獲得する。これはニアサイドで跳ね返されるものの、ペナルティーエリア手前でフリーとなっていたテオ・エルナンデスがダイレクトボレーで捉えると、低く抑えの利いたシュートがゴール前の密集地帯と抜けてネットに突き刺さり、ミランが逆転に成功する。

逆転したミランは77分、カスティジェホに代えてラデ・クルニッチを投入。84分にはラファエル・レオンのパスからイブラヒモヴィッチに決定機が訪れるが、シュートは枠を外れる。

すると85分、ロドリゴ・デ・パウルとのワンツーでペナルティーエリア右を崩したラーセンの折り返しを、ゴール前でラザーニャが頭で合わせ、ウディネーゼが再び試合を振り出しに戻す。

残り少ない時間で決勝点を狙う両者だが、このまま勝ち点1を分け合うかに思われた終了間際、ペナルティーエリア手前でのイブラヒモヴィッチの仕掛けはDFにブロックされるが、こぼれ球を拾ったレビッチが左足でゴール右へと流し込み、土壇場でミランが勝ち越しに成功。劇的な幕切れで公式戦3連勝を飾った。

■試合結果
ミラン 3-2 ウディネーゼ

■得点者
ミラン:レビッチ(48分、90+3分)、テオ・エルナンデス(71分)
ウディネーゼ:ラーセン(6分)、ラザーニャ(85分)