近所のオバちゃんかと思ったら彼女…!男がビビる「老け見えコーデ」

写真拡大

良かれと思って着た服も、思いがけず実年齢よりも老けて見えることがあります。どのような全身コーデは、オバちゃん感が強まるものなのでしょうか。そんな今回は、男性が好まない「女性の老け見えコーデ」についてご紹介いたします。

(1)色づかいが地味

『地味な色ばかりだとオバサンっぽく見えるよね』(28歳/美容師)肌色、くすんだ色のブラウンなど。どちらかというと、色づかいが地味めの服で固めていることです。全身から明るさを感じない場合、プラス何歳かは老けてみえることがあります。男性が隣に並んでも「いまいちテンションが上がらない」と、感じられてしまうことも。ホワイト、ピンク、水色など。コーデの一部分にビビッとなカラーも取り入れていきましょう。

(2)とにかく厚着

『着こみすぎてて太って見えるよ……』(30歳/金融)寒さに弱いからこれで良し。とにかく着込む、厚着コーデです。太って見えることがありますし、受け身なコーデにも捉えられやすいですよ。デコルテ部分が見える服装を取り入れたり、そこまで服を着込ないようにも心がけていきましょう。背中部分にカイロを貼っていくなど、あたたかさと見た目のバランスを意識していくことが大切です。

(3)トレンド感がない

『今っぽさが全然なくて、ガッカリする』(29歳/飲食)流行りのアイテムを一つも取り入れていない。去年と同じ服を着回しているコーデです。古い感じがすることがあります。何度も着ている服ならほつれや汚れなどが目立ってしまうことも。ワンシーズン、一枚は服を新調するように、トレンド感を意識したアイテムを購入してみてください。

(4)サイズが合ってない

『サイズ感が合ってないとそれだけでかなりダサく見える』(28歳/不動産)大は小を兼ねる、ゆるっとしたファッションが好き。サイズ感が合っていない服装を取り入れた全身コーデです。ダボっと感が強く、実年齢より老けて見られることがあります。引き締まって見えることが少なく、体のラインも上手く浮き出すことが出来ません。試着はしっかり行なって自分に合うサイズの服を購入していきましょう。そんなつもりはなくても、知らずのうちに老けて見えるコーデに仕上げていることがあるので気をつけたいところ。気になる男性、これからも仲良くしたい彼がいる方は、ぜひ「老け見えコーデ」に注意していきましょう。(恋愛jp編集部)