ネパール・ポカラで、ギネス世界記録の証明書を手に記念撮影に臨むカジェンドラ・タパ・マガルさん(中央、2010年10月29日撮影)。(c) Prakash MATHEMA / AFP

写真拡大

【AFP=時事】「世界一背が低い、歩行可能な男性」としてギネス世界記録(Guinness World Records)に認定されていたネパールのカジェンドラ・タパ・マガル(Khagendra Thapa Magar)さんが17日、肺炎のためポカラ(Pokhara)の病院で死去した。27歳だった。遺族が明らかにした。

 身長が67.08センチだったマガルさんは、首都カトマンズから200キロ離れたポカラで、両親と暮らしていた。

 兄弟のマヘシュ(Mahesh Thapa Magar)さんはAFPに対し、「彼は肺炎のため入退院を繰り返していた。しかし今回は心臓にも影響が及び、きょう亡くなった」と語った。

 マガルさんは18歳の誕生日を迎えた後の2010年、「世界一背が低い男性」に認定され、自身より少しだけ小さな証明書を手にして記念写真に納まった。

 だが、身長54.6センチのネパール人、チャンドラ・バハドゥール・ダンギ(Chandra Bahadur Dangi)さんの存在が明らかになると、「世界一背が低い男性」の称号を失い、代わって「世界一背が低い、歩行可能な男性」となった。

 2015年にダンギさんが死去すると、マガルさんが再びその称号を手にした。

 ギネス世界記録の運営団体によれば、マガルさんの父親は「(マガルさんが)生まれた時、あまりに小柄で手のひらに収まるほどだった。とても小さいので風呂に入れるのが大変だった」と述べた。

 マガルさんは「世界一背が低い男性」として十数か国を訪れ、欧米諸国ではテレビにも出演した。

 ギネス世界記録によると、マガルさんの死去により、「世界一背が低い、歩行可能な男性」は、身長70.21センチである、コロンビアのDJ、「ニノ(Nino)」ことエドワード・エルナンデス(Edward Hernandez)さんとなった。

「世界一背が低い男性」の称号は、フィリピンのジュンレイ・バラウィン(Junrey Balawing)さんが保持している。バラウィンさんは身長59.93センチだが、介助なしで歩いたり、立ったりすることができないという。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
「最も背が低い男性」と「最も背の高い男性」が初対面、「ギネス世界記録の日」に
身長54.6センチのネパール人男性、ギネス世界記録に認定
「見せ物の何が悪い」障害超えたエンターテイナーに拍手喝さい 東京