【京成杯】スカイグルーヴ 重賞挑戦で牡馬相手で果たして

写真拡大

京成杯
スカイグルーヴ

 牝馬ながら先週のフェアリーSではなく、あえて牡馬相手のここへ駒を進めてきたスカイグルーヴ (牝3、木村)。グングンと加速して後続を突き放した初戦の勝ちっぷりや、名牝ダイナカールに遡る母系は、確かにスケールの大きさを感じさせる。はたしてキャリア2戦目の今回はどのようなパフォーマンスを見せるか。

【京成杯】ビターエンダー 相沢師「中山も合いそう」

初戦はスケールを感じる勝ちっぷり

 太田助手は「前走は相手や展開に恵まれた感もありますが、この馬のラップを刻んで勝てたのは良かったです。今回は重賞挑戦のうえに牡馬が相手になりますが、精神的にドッシリとしたタイプですし、血統的なうるささがないのもいいですね。コース替わりも心配していませんし、ここでもどんな走りをしてくれますか」と展望した。

投稿 【京成杯】スカイグルーヴ 重賞挑戦で牡馬相手で果たして は 競馬ニュースなら「競馬のおはなし」 に最初に表示されました。