難民キャンプがあるバングラデシュの町の学校 校長が日本語を教えている訳

ざっくり言うと

  • ロヒンギャ難民のキャンプがあることで知られるバングラデシュ南東部の町
  • 小学校では、日本の教育に感銘を受けた校長が児童に日本語を教えている
  • 校長は日本人のように「礼儀正しく育ってほしい」との思いがあると説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x