「ちょっとやりすぎ…」あてはまったら即やめて!冬のNGデート服4選

写真拡大

デート服は「可愛く見せたい」と思うあまり、やりすぎる場合があります。
そのやりすぎ感は印象を台無しにしてしまうので、デートを成功させたい女子は要注意です!

今回は、冬のNGデート服をご紹介するので、自分のコーデが当てはまっていないかチェックしてみてください。

(1)レギンスとのレイヤードコーデ


レギンスをスカートやワンピースとレイヤードする着こなしは、おしゃれで女子の間で大人気ですよね。
しかし、レギンスは男ウケ悪いアイテムの中のひとつ。

ほとんどの男性は、「なんで履くの?」「タイツじゃダメなの?」とレギンスの活用価値に疑問を抱いているようです。
デートには、レギンスは重ねていかないほうが無難です。

(2)派手で目を引くコーデ


デコルテをがっつり見せたり、ビビットカラーのニットを着たりなど、派手で目を引くコーデもデートにはNGです。

中には派手なファッションを好む男性もいるので、あらかじめ相手が好きだと認識している場合はOKですが、一般的な男ウケを狙うなら止めておくべきでしょう。

程よい肌見せや柔らかなカラーなどを意識したコーデが、正解デートコーデです。

(3)ムートンブーツ


実は、ムートンブーツは男ウケしない冬アイテム。
「ふわモコが冬っぽくていい!」「丸みが可愛い」と思っているのは女子だけで、デートに履いていけば「足元がもたついて見える」「スタイル悪……」と男性から思われます。

ムートンブーツを合わせた着こなしは、デートに不向きなんです!
ムートンブーツは普段使いに限定して、デートにはパンプスや細身のブーツなどを選びましょう。

(4)大きすぎるカバン


パッと見て1番に目に入るような大きなカバンをコーデに加えたデート服は、男性からの印象を大幅にダウンさせます。

デートだからといって、必要以上に備えて持ち物を増やし、大きなカバンをセレクトすると、「そんなに持って行くものある?」「コーデよりそっちが気になる」といった印象に映るようです。

デートに持って行くバックは女性らしい印象の程よい大きさのものになるように、持ち物までしっかり整えてみてください。

やりすぎデートコーデは、残念ながら男ウケしません。
冬のデート服は、男ウケを理解して、着こなしから小物使いまで気を配ることがポイントです!

ぜひ今回の記事を参考に、自分のデート服を見直してみてください。

(liBae編集部)