空港ロビーを歩くA子さん(2018年4月)

写真拡大

 昨年11月に元フリーアナウンサーのA子さん(39才)と結婚した嵐の二宮和也(36才)。現在は、昨年3月に約3億円で購入した都内の高級住宅地にあるマンションの一室で新婚生活を送っている。

【別写真】公園で息子の口元をふいてあげる西島秀俊

 そして、その部屋を頻繁に訪れているのが西島秀俊(48才)とその妻だ。二宮と西島は2017年の映画『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』での共演をきっかけに仲良くなり、二宮は結婚について西島に相談することもあったようだ。

◆筒抜けの私生活

 新居の相談相手も西島だったという。

「実は二宮さんが引っ越す1年ほど前に、西島さんがこの界隈に住み始めたんです。西島さんのお宅にA子さんとお邪魔するうち、環境を気に入って“おれたちもこの辺に住みたい”と思うようになったとか。新居は、西島さんのお宅から目と鼻の先の“お隣さん”です」(二宮の知人)

 近くに引っ越したのには、もう1つ理由があったという。

「交際したことによって、A子さんのこれまでの交友関係が変わったといいます。二宮さんとの話を友人にしたことによって、その話がどこからか漏れてしまうことに不安があったそうです。交際がきっかけで、A子さんの生活が窮屈になってしまったことに心を痛めた二宮さんは、すぐに連絡が取れ、相談し合える友人が近くにいてほしいと考えたそうです。その存在が西島さんの妻のB子さんでした」(テレビ局関係者)

 西島は2014年に一般女性B子さんと結婚。B子さんは徹底して相手に尽くすタイプだという。

 西島は「映画を見に行くのについてこない」、「メールの返信がなくても文句は言わない」、「女心を理解してほしいとは言わない」など、結婚に際していくつもの厳しいルールを挙げていた。その一見“理不尽”なルールを厳密に守ってきたのが、B子さんなのだ。

 2人は結婚するまでの3年間の交際中、一度もツーショット写真を撮られたことがない。有名人の伴侶としての意識の高さもうかがえる。

「結婚後、2児の母となり、今度は西島さんに“毎日妻と子供のために早く帰りたい”と言わせるようになった。家事や育児を完璧にこなす一方、外に出る時は、人気ブランドを着こなし、所帯じみた部分は一切見せません」(芸能レポーター)

 SNSを閉鎖し、2018年3月に「メディアにかかわる仕事から離れたい」と人前に出る仕事をやめ、二宮に添い遂げることを決意したA子さんにとって、B子さんは心強い味方となっている。

「B子さんは元イベントコンパニオンでA子さんより5才ほど年下。年齢も出自も違う2人ですが、有名人の伴侶を持つことの楽しさやつらさという部分で誰よりも共鳴し合い、今では唯一無二の親友だそうです。二宮さんとしても、周囲の目を気にして生活が限られてしまうA子さんに、B子さんという心を許せる親しい友人ができたことをうれしく思っているようです」(芸能関係者)

 その一方、二宮にはある不安があるという。

「多忙な生活を送る二宮さんと西島さんが会う回数より、妻同士の方が会っているみたいです。互いに私生活が筒抜けといえるほど連絡を取り合っているとか。妻たちの“結託”により、夫たちは何を話されているんだろうと冷や汗をかいているそうです(笑い)」(前出・二宮の知人)

 二宮夫妻にとって、どんな好立地の住居よりも、住みやすい新居を見つけたようだ。

※女性セブン2020年1月30日号