陸上長距離種目で好記録が続出して注目されている厚底シューズの使用が、禁止される可能性が出てきた。ナイキの「ヴェイパーフライ」で、アマチュアランナーの間でも愛用者が急増している。今年の箱根駅伝では出場選手の8割が履いていた。

イギリスのメディアは、この厚底シューズの使用を世界陸連が禁止する見通しだと報じている。専門家の調査結果が今月末(2020年1月)にまとまり、使用の是非についての結論が出されるという。

「次の一歩が無意識にピョ〜ンと出る感じ」

ヴェイパーフライは厚い靴底にカーボンのプレートが埋め込まれ、クッション性と反発力が高められている。片方の重さは約190グラムと超軽量だ。このシューズを履いて皇居周辺をジョギング中の58歳の男性に聞いてみると、「フルマラソンの自己ベストを、5年ぶりに更新しました。これにはかなり自分でも驚きました」と話した。

走るのは苦手という森本さやかアナが、このシューズを履いて実際に皇居の周りを走ってみた。「かかとが地面に着いた瞬間、次の一歩を前に出そうとしなくてもピョ〜ンと出る感じです。かかとにバネが入っているのではないかという感覚。自然と前傾姿勢になり、楽に走れるなという感じです」と目を丸くする。

いきなり禁止になったらこれまでの記録は?

世界陸連の規定では「選手に不公平な支援や利点を与えるようなシューズを作ってはいけない」となっている。司会の小倉智昭は「これを履いていた選手が、履くのをやめた場合、オリンピックのほうが心配」

若狭勝(弁護士)「誰もが入手できるものであれば、平等なので不公平にはならない。その意味では、厚底シューズを禁止するという根拠にはならないと思いますけどねえ」

世界陸連が使用禁止としてら、これまでの記録は非公認ということになるのだろうか。