新潟を退団することが決まったFWフランシス

写真拡大

 アルビレックス新潟は17日、FWフランシス(29)がブラジル・サンパウロのボタフォゴに完全移籍することが決まったと発表した。昨季はJ2リーグ戦30試合8得点を記録していた。

 フランシスはクラブを通じて「ブラジルに帰らないといけなくなってしまい、本当に悲しいです。愛するということを覚えた新潟という場所、それは自分だけではなく自分の妻、そして息子も同じです。住み心地がよく、気持ちよく試合ができる、素晴らしい場所でした。

 アルビレックス新潟のユニフォームを着て、たくさんの試合に出られたことを、とても誇りに思います。再び、アルビレックス新潟のユニフォームを着られる日が来ることを待っています。アルビレックス新潟はいつも私の心の中にあり、新潟のために戦うすべての人々を応援します!」とコメントしている。