アリババグループ CMO 董本洪(クリス・タン)氏

アリババグループは1月16日、成田国際空港に到着する旅行者に、思い出深い第一印象を創出することを目的とした、日本人アーティストとのクリエイティブキャンペーン「アリババクラウドギャラリー」を発表した。

同キャンペーンは成田国際空港との提携を通して、東京五輪観戦をはじめ、同空港に到着するすべての旅行者を歓迎するように特別に制作されたアリババグループのクリエイティブ活動の一部として、才能ある日本のアーティストが作品を紹介するユニークな場を提供する。

アーティストによる作品は2020年3月から2021年3月末まで、成田国際空港の第1ターミナルおよび第2ターミナルの到着エ リアにある9つの通路の壁面デジタルスクリーンに展示される。

アリババグループ CMOを務める董本洪(クリス・タン)氏は、「成田空港は今年、何千万人もの人が来日する際の出入り口となる。われわれはクラウドテクノロジーを使ってデジタルアートを展示することで、来日する人々に感動的なファーストインプレッションを提供する。若いアーティストはデジタルフォーマットを展開していくことを求めており、今回、そのためのプラットフォームを提供する。東京五輪をデジタル的なイベントとしてサポートしていきたい」と語った。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 副事務総長の古宮正章氏

説明会には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 副事務総長の古宮正章氏も参加した。同氏は「オリンピック憲章では、オリンピックについて、スポーツのイベントであると同時に、文化や芸術の展示についても言及している。そして今日は、デジタル技術の進化によって、スポーツに関するさまざまな情報にアクセスすることが可能になっており、その結果、あたかもパフォーマンスに参加しているような体験をして楽しめるようになっている。こうした形で、スポーツに参加できるようになれば、スポーツの価値が上がるのではないだろうか。アリババグループとのコラボレーションにより、新しい時代のスポーツの楽しみ方を提供するとともに、価値を上げていきたい」と述べた。

説明会では、キャンペーンに参加する日本人のアーティストのうち、木ノ内憲子氏の奥村彰一氏の作品が紹介された。木ノ内憲子氏の展示作品は「海の音」と「Butterflies」、奥村彰一氏の展示作品は「セーリング過海図」となる。

今回のプロジェクトで、奥村氏はアリババクラウドのプラットフォームとデジタル技術により、岩彩画だった元の作品をデジタルアートに作り上げたという。

公式マスコットキャラクターのミライトワとソメイティ も参加したテープカットの様子

木ノ内憲子氏の展示作品

奥村彰一氏の展示作品