大分から岐阜へ期限付き移籍中のMF川西翔太

写真拡大

 FC岐阜は17日、大分トリニータから期限付き移籍中のMF川西翔太(31)について、移籍期間が延長することが決まったと発表した。新たな移籍期間は今年2月1日から来年1月31日まで。大分と対戦するすべての公式戦には出場できない。

 川西は岐阜を通じて「去年は思うような成績を残すことができませんでしたが、今年はJ2昇格目指して頑張ります」と意気込み。大分を通じては「大分でプレーできないことはすごく悔しいですが、FC岐阜で頑張ります。応援をよろしくお願いします」とコメントしている。