サッカー日本代表の田嶋幸三会長

写真拡大

 日本サッカー協会の田嶋会長はカタール戦から一夜明けた16日、森保監督のA代表&五輪代表の兼任を今後も全面的に支持する方針を示した。A代表が出場した昨年末のE―1選手権では優勝を逃し、今回のU―23アジア選手権では1次リーグ敗退。「年末、年始は苦しんだ」と認めた上で、「次へのリバウンドと思ってやってほしい。全面的に今までと同じサポートをしていきたい」と強調した。

 また、カタール戦でMF田中碧が退場処分となった場面と、相手にPKが与えられたシーンでのVAR判定に関し、アジアサッカー連盟(AFC)に判定の根拠を求める文書を提出したことを明かした。