仲間由紀恵気付く「関西テレビさん、いつも私に…」

写真拡大

女優の仲間由紀恵(40歳)が1月15日、公式ブログを更新。14日からスタートした俳優・向井理(37歳)が主演を務める連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系)での“疑問”を明かし、ファンの反響を呼んでいる。

同作は、シングルファーザー・白河圭太(向井)の愛する娘・瞳(山田杏奈)が、何者かに誘拐されたことから、“秘密”のベールに包まれた登場人物の欲望が次々と暴かれていく。それにより、次々に事件が巻き起こるという、オリジナル脚本の本格サスペンスだ。

この日、「10の秘密 第1話」と題してブログを更新した仲間。「先週の『ハラスメントゲーム』に続き、連続ドラマ『10の秘密』第一話観て頂きましたか?」とファンに問いかけ、10日に放送した唐沢寿明(56歳)主演のドラマスペシャル「ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女」について、「唐沢寿明さんとのお芝居、良い緊張感の現場でした。10代からお仕事している心許せるスタッフや、昔一緒に旅をした『戦友』のようなスタッフさん。安心するスタッフさんとのお仕事は思い切ってやり抜けます!」と撮影を振り返り、「暖かい現場、感謝の気持ちです」と述べた。

また、絶賛撮影中だという「10の秘密」については「先の展開もオヨヨ!な感じで楽しんでもらえると思います!」と綴りながら、関西テレビことカンテレとの仕事について“疑問”を抱いてるようで、「関西テレビさんとのお仕事ですが、いつも私に、何だか怖い女の人の役をもってきてくれます。何故かしら?それが私の謎の1つです」と綴り、さらに、「10の秘密」では「向井さんが時々私を蔑んだ目で見ています。あ、それは芝居か……役がね……」と、ドラマ内での謎についても触れながら「うん……後々色々ありますから……観て下さい。個人的な謎も撮影中に解き明かして行きたいと思ってます」とブログを締めくくった。