1964年東京五輪の特別展 赤坂の迎賓館

写真拡大

東京オリンピック・パラリンピックに向けて機運を高めようと、1964年の東京オリンピックに関する特別展が16日から東京・赤坂の迎賓館で行われている。

東京・赤坂の迎賓館には、1964年の東京オリンピックの際、大会組織員会の事務局が置かれ、競技を絵で表した「ピクトグラム」が制作されたり、聖火トーチの点火テストが行われたりしていた。

16日から始まった特別展では、当時の写真やメダルや聖火トーチ、ユニホームなどが展示されている。

16日のオープニングイベントには、1964年生まれの橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当相や、重量挙げでメキシコオリンピック銅メダリストの三宅義行さん、娘で東京大会の出場をめざす三宅宏実選手が出席した。

この特別展は、3月10日まで行われている。