路上で男性を襲ってけがを負わせたうえ、金品を奪ったとして、神奈川県警捜査1課は16日、強盗致傷の疑いでいずれも住所、職業不詳の18歳と19歳の少年、および同県海老名市に住む相模原市立中学3年の男子生徒(15)を逮捕したと発表した。

 少年2人は容疑を否認し、男子生徒は認めている。

 3人の逮捕容疑は、5日午前5時15分ごろ、相模原市緑区橋本台の路上で、市内に住む男性会社員(59)に対し、棒のようなもので殴るなどの暴行を加え、左腕に骨折などのけがを負わせたうえ、現金約2万5千円などが入った財布を奪ったとしている。

 相模原市内では男性会社員が襲われた5日と、昨年12月8日にも別の路上強盗事件が発生。同課は関連性を調べるとともに、ほかに犯行に関与した者がいなかったかについても捜査を進めている。