“新型肺炎”国内で初確認 武漢滞在の男性

写真拡大

神奈川県内に住む30代の中国籍の男性が中国で発生している肺炎の原因とみられる「新型コロナウイルス」に感染していたことがわかった。国内で確認されたのは初めて。

厚労省「新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生が、国内で確認されたのは今回が初めてでございます」

厚生労働省などによると新型コロナウイルスによるとみられる肺炎が発生している中国・武漢市から今月6日に帰国した神奈川県内在住の30代の中国籍の男性から、新型コロナウイルスの陽性反応が出たという。国内で確認されたのは初めて。

男性は、中国・武漢市滞在中の今月3日から発熱があり、6日に帰国し、神奈川県内の医療機関を受診した。

39度の熱があり検査したところ、肺炎のような症状が認められ10日から入院していたという。その後、症状が改善したため、男性は15日に退院し、自宅で療養中だという。

男性は、武漢市に滞在中、肺炎患者が相次いで確認されている海鮮市場には立ち寄っていないということだが、肺炎患者と一緒に過ごすなど濃厚接触があったという。

世界保健機関などは、現時点で、家族間など限定的なヒトからヒトへの感染の可能性が否定できない事例が報告されているが、明らかな証拠はないとしている。

厚労省や神奈川県は、過剰に心配せずに手洗いなどを徹底することが重要だとしている。

また、武漢市に滞在歴がある人で、せきや発熱などの症状がある場合、速やかに医療機関を受診するよう厚労省は呼びかけている。