立憲、国民民主に“21日までに結果を”

写真拡大

立憲民主党の福山幹事長は、合流を巡って国民民主党の平野幹事長と会談し、来週21日までに合意ができなければ協議を打ち切る考えを伝えた。

会談で、平野幹事長は15日の国民民主党内での議論で合流について結論が出ず、通常国会が始まる来週20日に議員総会を開いて、再び議論を行うことを説明した。

これに対し、福山幹事長はこの議員総会で合流するかどうか結論を出し、来週21日に結果を報告するよう求めた。

立憲民主党・福山幹事長「(通常国会で)具体的な論戦に野党は挑んでいかなければいけませんので、いつまでもいたずらに時間をかけることが、合併(合流)という結論を得る上でいいと思えない」

立憲側は、国民側が結論を出せなければ協議を打ち切る考えだが、国民民主党内は合流への賛否が割れていて、結論を出すのは難航する見通し。