MacBookの購入を検討しているみなさん。買うかどうかの決断には、Appleデバイスの長所と短所の下調べが大いに役立ちます。

新しいデバイスを買ってみたものの、とんでもない問題を抱えていることがあとでわかった…なんて事態は避けたいですよね。

とはいえ、MacBookを買ってしまったあとに問題に気づいた場合でも、その問題を回避する方法があるかもしれません。

この記事では、MacBookが抱える大きな問題の一部と、解決策をご紹介しましょう。

1. 初期のバタフライキーボード

2015年に発売された12インチMacBookには、これまでとまるで違うキーボードがついていました。

Appleによれば、このキーボードは、12インチMacBookの流線型のフレームに合わせて再設計されたとのことでした。

このバタフライ構造のおかげで、従来のシザー構造よりもキーの厚みが薄くなりました。

やがてAppleは、このデザインを新型のMacBook ProとMacBook Airにも採用しました。この記事を書いている時点で、Appleのマシンには第3世代のバタフライキーボードが搭載されています。

ところが、ほとんどのMacユーザーにとって、このバタフライキーボードは役に立つどころか、むしろ障害になってきました。

特に信頼できなかったのが、スペースバーです。一定期間使っていると、スペースバーの右側が「底打ち」の状態になってしまい、押しても左側でしか反応しなくなってしまうのです。

このキーボードでは、キーが動かなくなってしまう事例もいくつかありました。これはキーの「浅さ」が原因です。そのせいで、キーがボードの溝の内側で詰まりやすくなってしまうのです。

さらに悪いのは、キーボードがほこりやごみに「敏感」であるという点でした。ほこりがキーの下に入ってしまうと、そのキーが再び正常に機能することはもうないかもしれません。

このような問題は第1〜3世代のバタフライキーボードに共通して見られます。

ほこりや食べもののかすなどがキーの下に入ってしまった場合は、つまようじを使って取り除きましょう。

キーが動かなくなってしまったMacBookのキーボードを直す方法を知りたい方は、こちら(英文)からどうぞ。

キーが動かない、スペースバーが正常に作動しないといった問題に悩まされ続けている方のために、Appleは「キーボード修理プログラム」を実施しています。

お使いのMacBookが対象モデルの場合、無料でキーボードを修理してもらえます。

2. MacBook ProのSSD不具合

2017〜18年に13インチMacBook Proを買った方はご注意ください。データを失ってしまうおそれがあります。また、ドライブにアクセスできなくなってしまう場合もあります。

実は、この世代のラップトップのSSDには問題があったようです。

Appleによれば、128GBと256GBの13インチMacBook Proの一部に、SSDのデータ損失を引き起こすおそれのあるシステム障害があったとのことです。

SSDが故障しそうな前兆を知っておけば、このような問題への対抗策を講じることができます。

お使いのMacBook Proにこの欠陥があるかどうかを確認するには、MacBook Proのモデルを特定する必要があります。この問題を抱えているのは、Touch Bar非搭載の13インチMacBook Proだけです。

Appleの「ソリッドステートドライブ修理プログラム」ページへ行き、シリアル番号を入力して、お使いのMacBook Proが対象製品かどうかを確認しましょう。

対象製品の場合、AppleまたはApple正規サービスプロバイダが問題のドライブを無料で修理してくれます。

まずはすぐにデータをバックアップし、なるべく早く修理に出しましょう。放っておくと、大切なデータを失ってしまうことにもなりかねません。

3. Retinaディスプレイのコーティング剥がれ

Macの過ちについて語る時には、ディスプレイのコーティング剥がれに触れないわけにはいきません。この問題が見られたのは、2012〜17年に製造されたMacBookとMacBook Proです。

「Retinaディスプレイ」はAppleの高画素密度スクリーンのマーケティングネームで、このおかげで画像がより鮮明になりました。

残念ながら、Retinaディスプレイを最初に搭載したMacBookの多くには、コーティング剥離の問題がありました。この剥離は層と層の間に何かが入り込むと生じます。

まず、Retinaディスプレイの反射防止コーティングの上に裂け目のようなものが現れ、それがスクリーン上に広がって層を形成します。この状態になると、ディスプレイはかなり使いづらくなります。

Appleによれば、ディスプレイの表面に衝撃や圧力が加わると、この現象につながるおそれがあるとのことです。

しかし、Retinaディスプレイに使用されているコーティングが弱すぎるという事実もユーザーによって確認されています。そのせいで、ディスプレイ表面の耐圧性に影響が出ているのです。

この問題に対する確実な解決策はありません。Appleは以前、この問題を抱えるユーザーにスクリーンの交換サービスを提供していましたが、このサービスはすでに終了しています。

自分でディスプレイを交換する自信がない方は、Appleサポートか正規サービスプロバイダに連絡して、交換オプションを検討するのが得策でしょう。

4. Touch Bar

MacBook ProのTouch Barの便利さに信頼を置いている人もいるかもしれません。

けれども、この革新的な仕様には、「MacBookの問題」リストに追加するにふさわしい問題がいくつもあります。

Touch Barは2016年発売のMacBook Proとともにローンチされました。

旧式のファンクションキーに代わって登場したこの帯状のOLEDスクリーンにより、さまざまなMacプログラムをダイナミックにコントロールできるようになりました。

けれども、店頭でこそ楽しい体験を提供し、素晴らしいセールスポイントとなるTouch Barも、メリットばかりというわけではありませんでした。

Touch Barはファンクションキーに変わるものとして登場したため、多くのユーザーが効率が上がると期待していました。ところが、ユーザーの大半はこの新たな仕様に心からがっかりしました。

指示に素早く反応してくれるファンクションキーと違って、Touch Barでは、ごく一般的なアクションに余計な時間がかかってしまうのです。

たとえばファンクションキーで明るさを調整する場合、体が覚えていれば、かかる時間はほんの一瞬です。

それに対して、Touch Barで同じ動作を行う場合は、バーに意識を集中し、指の狙いを定め、スライダーを動かさなければなりません。

この問題が特に深刻なのはESCキーで、Touch Barのコントロール次第ではESCキーが消えてしまうこともあります。

またTouch Barの場合、指で軽くこするだけで、すぐに間違ったアクションがトリガーされてしまうという欠点もあります。 

残念ながら、ここまで見てきたほかの問題と違って、こうしたTouch Barの問題に対しては、Appleは公式にリコールや修理を行なっていません。

ご自身の使い勝手に合わせてTouch Barをカスタマイズする(英語)、あるいはお望みであれば、完全にオフにする(英語)ことをおすすめします。

それでもMacを買う価値はあるの?

ここまで見てきたように、Appleといえどもハードウェアの問題や失敗とは無縁ではありません。旧型・新型を問わず、Macを買えば、上記のようなさまざまな問題に遭遇する可能性はあります。

けれども、Appleのパソコンはその他のほとんどの点でトップクラスです。

ここで挙げた問題は、ほかの点では素晴らしいコンピューターのささいな欠点なのです。なので、ほとんどの場合は自信を持って買っても大丈夫だと思います。

お使いのMacにほかの問題がある方は、よくあるmacOSの問題を解決するためのおすすめ無料ツールをこちら(英語)からご確認ください。

あわせて読みたい

MacBook Proが突然シャットダウンする不具合を解決する方法

Escキー復活!Appleの16インチMacBook Proは、買うべき?

Image: Shuttrstock.com

Source: Makeuseof(1, 2, 3, 4, 5, 6), Apple(1, 2, 3)

Original Article:Apple’s Worst MacBook Problems (And How to Fix Them) by MakeUseOf