森保一監督率いるU-23日本代表はグループステージで敗退となった【写真:Getty Images】

写真拡大

カタールに1-1ドロー、1分2敗の未勝利で終了 巻き起こる議論に韓国メディアが反応

 U-23日本代表は15日のU-23アジア選手権グループリーグ第3戦でカタールと1-1で引き分け、1分2敗で大会を終えた。

 2連敗で史上初のグループリーグ敗退が早々に決まるなどネガティブな印象を残したなか、A代表と兼任する森保一監督への風当たりも強まっており、韓国メディアも「日本が非常事態」「五輪前に監督交代論が噴出」と注目を寄せている。

「東京五輪で金メダルを目標に掲げる日本サッカー界が非常事態に陥った」と伝えたのは韓国紙「ソウル新聞」だ。初戦のサウジアラビア戦を1-2で落とした日本は、第2戦のシリア戦も1-2と敗戦。2連敗でグループリーグ敗退が決まったなか、カタール戦を迎えていた。

 カタール戦の前半アディショナルタイム、MF田中碧(川崎フロンターレ)がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認により危険プレーで一発退場。劣勢の日本は後半27分にFW小川航基(水戸ホーリーホック→ジュビロ磐田)が先制点をマークするも、同31分に与えたPKを決められて1-1ドローに終わり、未勝利で大会を去った。

 開催国として東京五輪の出場が決まっている日本だが、今大会の内容と結果を受けて論争が巻き起こり、記事では「“史上最強世代”と呼ばれる(U-23)代表チームに国民の関心と期待が集中したが、度重なる拙戦で五輪わずか6カ月前に監督交代論が噴出している」と伝えた。

「カタールとの最後の試合も1対1で引き分け、今大会1勝もできない“惨事”となった。これに怒った多くのサッカーファンは、森保一監督の解任を要求している」

 フルメンバーではなかったとはいえ、チームを率いた森保監督への批判が強まっており、韓国メディアも動向を見守っているようだ。(Football ZONE web編集部)