鉄道にバス、シェアサイクルまで一括ルート検索。auとトヨタが「MaaSアプリ」をスマパス加入者に
トヨタ自動車とKDDIは1月16日から、新たなMaaSアプリ「my route for au」(Android版)の提供を開始しました。

my route for auは、鉄道やバス、タクシーやシェアサイクルなど複数の交通手段を組み合わせてのルート検索や、それら交通チケットの手配などに利用できるアプリ。経路探索エンジンをナビタイムジャパンが提供します。

トヨタが2019年11月28日より福岡市と北九州市で提供していた「my route」のau版として、auスマートパスとauスマートパスプレミアムの加入者向けに共同で提供します。またau版だけの特典として、乗車券を25%割引で購入できます。

なお、ルート検索に関しては全国で利用できますが、チケットの購入までがアプリ内で行えるのは、現状では福岡市と北九州市に限られます。トヨタ自動車側は「2020年春頃には神奈川県横浜市や宮崎県宮崎市などで展開し、その後もサービス提供エリアを順次拡大する」としています。

合わせて、タクシー配車サービス「JapanTaxi」、ディー・エヌ・エーの「MOV」などとの連携も検討しているとのこと。さらに京王電鉄バスの高速バス予約サービス「ハイウェイバスドットコム」との連携も2020年春頃に予定しています。

Source: TOYOTA, KDDI