アメリカではライバル関係と呼ぶにふさわしい販売実績を誇る

 世界市場に目を向けると、いまやSUVが新車販売の主役となっているといってもいいだろう。世界第二位の市場規模を誇るアメリカでは、小型ピックアップトラックも含まれるのだが、新車販売に占めるSUVの販売比率はじつに7割となっている。

 世界第一位の中国や第二位のアメリカでは、SUVがよく売れているといわれてもその多くがFFもしくはFRといった2WDとなっている。中国民族系メーカーなどでは2WDしかラインアップしないSUVもかなり多い。腰高で見晴らしも良くて、押しが強いとして若い女性なども好んでSUVに乗っており、ファッション感覚で乗る人がいる一方、大型SUVでは3列シートで多人数乗車も可能。さらに積載スペースも広いため、ミニバン代わり(アメリカでは生活臭が強いとしてミニバンが敬遠されるケースが目立つ)にファミリーカーとして使われているケースが多い。

 “ガラパゴス市場”といわれる日本でも近年ではSUVのラインアップ数が増えてきた。しかし、相変わらずメインは4WDとなり、メディアなどでも各モデルの4WDシステムを熱心に解説したりしている。2WDを設定するモデルもあるが、「ないよりはあったほうがいい」という、日本の消費者の独特の感覚もあり4WDが好んで選ばれているようである。

 日本自動車販売協会連合(自販連)による、2019年度上半期(2019年4月〜9月)の通称名(車名)別販売ランキングをみると、SUVにカテゴライズされるモデルでの販売トップはトヨタRAV4で、3万9299台(月販平均約6550台)。一方で初代以来ライバル車とされているホンダCR-Vは5416台(月販平均約902台)で、RAV4とかなり差をつけられている。

 RAV4は月販目標台数が3000台なので、平均月販台数はダブルスコア以上となっており、ヒットモデルといえる販売実績となっている。ただCR-Vの月販目標台数は1200台なので、平均月販台数の目標達成率は約75%となり、902台と聞くと極端な販売不振状況のようにも見えるが、メーカー目標比では健闘しているといっても過言ではないだろう。

 アメリカにおける販売台数を見ると(2019年1月から11月)、RAV4が40万6789台(月販平均3万6980台)なのに対し、CR-Vは34万8070台(月販平均約3万1642台)だ。いずれも各ブランドでもっとも売れているドル箱モデルで、RAV4が月販平均比で5000台ほどリードしており、ライバル関係と呼ぶにふさわしい販売実績となっている。アメリカの販売実績を見れば、モデル自体に販売苦戦の要因があるとは考えにくい。

他モデルも含めた販売戦略による差が大きい!

 興味深いのは、CR-Vの弟分といえるヴェゼルと、RAV4の弟分となるC-HRのそれぞれの日本国内での月販目標台数である。ヴェゼルの月販目標販売台数が5000台なのに対し、C-HRは3600台となっている。そして自販連による2019年度上半期販売台数で比較すると、ヴェゼルが2万8829台なのに対し、C-HRは2万5085台となり、ヴェゼルのほうが売れていた。

 C-HRは10月にマイナーチェンジを控えていたこともあるが、とくにRAV4の国内販売が本格的に立ち上がった5月以降は前年同期比での販売台数の落ち込みが顕著となってきた。また、RAV4は発売前から積極的に予約受注を獲るように現場のセールスマンに指示があったとも聞くので、メーカーであるトヨタのRAV4への国内回帰への気合いも並々ならぬものがあったといえる。

 ヴェゼルとC-HRはサイズ的にも近く、クーペSUVスタイルを採用する。ヴェゼルはやや実用性も意識しているのに対し、C-HRは思い切り“クーペ”を強調したスタイリングを採用したために、後席居住性や積載性能への不満が目立っていた。そのため、すでにRAV4は世界市場では2018年3月にデビューしていたことや、販売現場ではRAV4の早期国内投入を望む声も高かったので、C-HRに躊躇していた新車購入見込み客を中心に発売後は一気に売れ出したといっていいだろう。

 一方のホンダでは手ごろなボディサイズも含め、CR-Vを選ばなくても事足りるということで、ヴェゼルがCR-Vデビュー後も引き続き堅調に売れる結果となっている。CR-Vは、その割安イメージは個々人で異なるが、標準装備を増やした結果、価格だけを見ると割高に見えてしまったのも、ヴェゼルを引き続き堅調なセールスに導いたのかもしれない。

 また、モデル末期のハリアーやエクストレイルにもCR-Vが販売台数でリードされている。この点について、ハリアーはRAV4の相乗効果も手伝っていると考えられ、エクストレイルについては日産のなかで見れば、ヴェゼルのような存在がいなかったので分散化しなかったことが考えられる。

 販売目標台数を見ても、ホンダとしては国内販売におけるSUVのメインはヴェゼルとして、ヴェゼルより上級志向であったり、多人数乗車を望むユーザーにCR-Vを進めるという方向で販売活動を展開しているようで、モデル自体が極端に魅力がなくて“売れていない”というわけでもないのである。