昨季は川崎フロンターレが優勝した

写真拡大

 Jリーグは16日、20シーズンのルヴァンカップの組み合わせ及び日程を発表した。昨年度覇者の川崎フロンターレはグループAで清水エスパルス、ジュビロ磐田、名古屋グランパスと同組となる。

 16チームが4グループに分かれて2回戦総当たりでグループリーグを行うが、1月28日に行うAFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフの結果次第で、FC東京と鹿島アントラーズが敗れれば、こちらに回ることになる。その場合は、昨季J1最下位の磐田、同17位の松本山雅FCの順で出場できなくなる。

 グループステージは2月16日に開幕。プレーオフステージは5月27日と6月17日。プライムステージは準々決勝が9月2日と同6日、準決勝が10月7日と同11日、決勝は10月24日に行う。

 なお、中継は今年度もフジテレビとスカパー!が全試合担当する。

▽A組

川崎F/清水/磐田(※1)/名古屋

▽B組

仙台/浦和/松本(※2)/C大阪

▽C組

札幌/横浜 FC/広島/鳥栖

▽D組

柏/湘南/G大阪/大分

(※1)ACLプレーオフで1クラブが敗退した場合出場不可

(※2)ACLプレーオフで2クラブが敗退した場合、磐田とともに出場不可

☆プレーオフステージ

■ACLグループステージに出場するチームが4チームの場合

・グループステージを勝ち上がった8チームにより、ホーム&アウェイ方式の2試合を行う。

・プレーオフ勝者4チームがプライムステージに進出する。

■ACLグループステージに出場するチームが3チームの場合(ACLプレーオフ出場クラブのうち、

1 クラブがACLプレーオフで敗退した場合)

・グループステージを勝ち上がった10チームにより、ホーム&アウェイ方式の2試合を行う。

・プレーオフ勝者5チームがプライムステージに進出する。

■ACLグループステージに出場するチームが2チームの場合(ACLプレーオフ出場2クラブがともに敗退した場合)

・グループステージを勝ち上がった12チームにより、ホーム&アウェイ方式の2試合を行う。

・プレーオフ勝者6チームがプライムステージに進出する。