待望のスカイアクティブX搭載車第2弾

 マツダは、MAZDA3に搭載した新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を、クロスオーバーSUV「CX-30」にも採用し、1月16日より発売した。

 マツダ独自の燃焼技術であるスカイアクティブXは、ガソリンエンジンならではの高回転まで伸びる気持ちよさと、ディーゼルエンジンがもつ優れた燃費性能やトルク、応答性などを併せ持った新しいガソリンエンジン。独自の燃焼制御技術であるSPCCI(火花添加制御圧縮着火)と、マイルドハイブリッドシステム「M Hybrid」を採用している。エンジンスペックは、MAZDA3と変わらず180馬力/6000rpm、224N・m/3000rpmだ。

 CX-30は人生の幅や世界観を広げるクロスオーバーをコンセプトに開発され、ユーザーからは、スタイリングや機動性やパッケージングが融合している点が受け入れられている。