学生大量行方不明事件の被害を訴えるデモ
Photo by Cristian Leyva/NurPhoto via Getty Images

写真拡大

◆14年間で6万人以上が行方不明になっているメキシコ

 メキシコで2006年から現在まで、行方不明者の数は6万1637人と統計されている。これ程多くの行方不明者が出ているといってもメキシコが戦争下にあったわけではない。そうではないが、それは戦争に匹敵する戦いの結果である。戦いとは、メキシコで蔓延る麻薬組織カルテル同士による熾烈な戦いである。そしてその犠牲になった一般市民もこの行方不明者の中に加えられている。(参照:「Infobae」)

 一般市民の犠牲者の中、子供の数はなんと1万1072人。あまりに「日常茶飯事」となってしまった結果、警察の対応もぞんざいなものになっているという。例えば、ハリスコ州に住んでいたホンジュラス出身の母親アナ・エナモラドの子供、オスカル・アントニオが2010年1月19日に行方不明となった事件がある。昨年2月に警察から彼女の子供のことで連絡があった。彼女は早速指定された日に赴いた。彼女に渡されたのはビニール袋に入った火葬された灰であった。そして、警察の担当者はこう言い放った。

「これが貴方の息子さんのオスカル・アントニオ君です」

 アナ・エナモラドは、あまりに冷淡な態度に驚きつつ、「私の息子の遺体を見たい」と主張した。しかし、警察側から返ってきたのは、「遺体はない。火葬してしまった。誰もそれをこれまで要求しなかった」という回答であったという。

 アナ・エナモラドは、「誰も要求しなかったですって? 数千の家族が我々の子供の行方を捜し、また捜査願い出して来たというのに」と言って憤慨を表明。「火葬された灰」は受け取るのを拒んだ。というのも、DNAによる鑑定も実施されておらず、彼女の息子だという証拠がないからだ。(参照:「BBC」)

◆鑑定なしで流れ作業的に火葬される遺体

 行方不明者の捜査に協力しているアナ・カロリナ・チミアクによると、見つかった大半の遺体は鑑定もせずに火葬しているというのが現状なのだそうだ。刑事訴訟法に従えば、遺体の身元確認が行われた段階まで火葬は禁止されている。しかし、現状は遺体が見つかればすぐに火葬している。というのも、遺体が見つかったときの状態を考えると、すぐに火葬してやる方が品位を保てるという考えが関係当局の方であるからだという。

 昨年だけでも主要5州で発見された死体を捨てて土を覆ただけの場所から800体以上の遺体が見つかっている。そのひとつひとつの遺体から身元を確認して行く作業には非常に困難を伴うということからすぐに火葬するということになるわけである。

◆43人の学生がいっぺんに行方不明になった事件も

 2006年から2019年まで、死体が捨てられている「墓穴」となっていた場所は3631か所あるという。その中でも墓穴が一番多く見つかった自治州はタマウリパスの440か所、それに続いてベラクルス432、シナロア345、ゲレロ331、チウアウア318、メキシコーシティー293、サカテカス267、ハリスコ224、ソノラ219という。グアナフアトは現在カルテル同士の戦いが盛んであるが意外にも墓穴は一つも見つかっていない。

 タマウリパス州で「墓穴」が多いのは、そこがカルテル・ゴルフォの本拠地だったのであるが、それが分裂してその中の一つロス・セタスが最も狂暴で他の分派を倒す為に闘争して勢力を拡大。その証拠が多くの墓穴として存在しているのである。

 カルテル同士の衝突には一般市民も巻き込んでしまうことが容易で、それがまた行方不明者の数を多くさせているのであった。それで今も未解決となっているのが2014年9月に43人の学生が行方不明となった事件である。現在まで明白になっているのは自治体警官が彼らを拘束して犯罪組織に渡したということまで判明している。しかし、今もどこに埋葬したのか不明だ。この事件に関係して142人が逮捕され77人が保釈となった。殺害して火葬したというのが逮捕された犯罪組織のメンバーからの証言であるが専門家の間ではそのような形跡はないと断定している。(参照:「BBC」、「Infobae」)