左から「北海道産大豆特濃調製豆乳」(1L、200ml)、豆乳飲料「プリン」「ブラックチョコ」

キッコーマン飲料は2月17日から、特定保健用食品の調製豆乳「北海道産大豆特濃調製豆乳」を新発売する。1L・税別希望小売価格350円、200ml・120円。

同商品は、通常の「調製豆乳」と比較し、同社比で大豆固形分が10%多く含まれている。血清コレステロールを低下させる働きがある大豆たん白質を手軽に摂ることができるため、コレステロールが気になる人におすすめだとする。

北海道産大豆を100%使用しており、濃厚なコクとやさしい甘みが特徴。北海道産大豆を100%使用した商品は、18年発売の無調整豆乳に続き、2アイテム目となる。

なお、既存商品の「特濃調製豆乳」は、コレステロールを気にする人だけではなく、濃厚な味わいを求める人にも好評だ。

また同日から、「豆乳プリン」としても楽しめる、豆乳飲料「プリン」「ブラックチョコ」を新発売する。200ml・90円。

「プリン」は、人気の定番スイーツ・プリンの味わいを再現しており、ほんのりとしたカラメル風味がアクセントとなり、子供から大人まで飲みやすい甘さ控えめの味わい。小腹が空いた時のおやつや、食後のデザートにおすすめだとする。

「ブラックチョコ」は、ブラックチョコのビターでコクのある味わいが特徴。甘さ控えめですっきりとした味わいが楽しめる。

同社はこれまで、パックのまま凍らせる「豆乳アイス」や、カップに移して温める「ホッ豆乳」など、新しい楽しみ方を提案してきた。「プリン」「ブラックチョコ」では、ゼラチンを加えて冷やし固めると、乳原料・卵を使用せずに「ぷるぷる」とした食感の「豆乳プリン」としても楽しめる。

〈大豆油糧日報 2020年1月16日付〉