日本の国民食と言われて久しいカレーは、今や味わいもスタイルも百花繚乱。年間を通じて季節を選ばない料理ながら、冬こそ食べたいタイプがありました! 必食です。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ

「ロースカツカレー」

●推薦人
フォーリンデブはっしーさん

ロースカツカレー 1,200円(税込)。

 カリッと揚げたザクザク衣が香ばしく、厚切りなのにやわらかくて、軽やかな味わいのトンカツがドカンとのったカツカレー。これぞまさしく肉好きの男女に捧げたい、私も太鼓判を押す冬こそ食べたいカレーです。

ヒレカツカレー 1,500円。カツはロースと同じく150g。ロースカツカレーと同様ワンプレートに盛り込まれている。しっとりとした味わいで女性に人気。

 今回ご紹介する〈いっぺこっぺ〉は、肉好きの間で知らない人はまずいない、トンカツの名店「とんかつ檍」が手がけるカレー店。カツはもちろん、カレーソースにも豚肉の旨みが凝縮されています。それはやはり、上質な豚肉を使っているからこそ。

リブロースカツ定食 2,800円は、白飯と豚汁が付く。400gとボリュームたっぷり。はっしーさんいわく、上質な豚肉は脂が甘く脂身でおいしさがわかるとのこと。お試しを!

 ソースにも「とんかつ檍」で扱っている「林SPF」という豚肉の切り落としがふんだんに使われているのです。「林SPF」は健康的に育てられた銘柄豚ですが、肉質がやわらかく、脂が甘いことが特徴です。そんな豚肉がカツにもソースにも使われているのですから、おいしくないわけがないのです!

 食べ方にもおすすめが。まずトンカツをひと口いただきます。カレーソースもひと口。その後、カウンターに置かれた岩塩を、カツの衣ではなく肉の部分にちょっとつけて食べてみてください。テキサス岩塩、ピンクロックソルト、ヒマラヤ岩塩ナマックの3種類あるので、食べ比べても楽しいです。

 また、合間にキャベツの千切りを頰張ると、シャキシャキの食感と清涼感がいいアクセントになります。トンカツ、カレーソース、白飯、キャベツとめくるめくループが、デブリシャス!

 読者のみなさんも、ぜひお腹を空かせて駆けつけてくださいね。

とんかつ檍のカレー屋
いっぺこっぺ

所在地 東京都港区芝大門2-3-17
電話番号 03-6450-1110
営業時間 11:00〜15:00、17:00〜21:00
価格 1,200円〜
定休日 日曜・祝日
カード 利用不可
席数 12席
おすすめの人数 ひとりで大丈夫
※オフィス街にあるのでランチは行列必至。定食は特上棒ヒレカツ定食 2,500円なども。ルー(単品)も300円で追加できるので、定食と併せて味わう人も多い。

はっしーさんの
FOOD TOPICS

東京モーターショーで
グルメ大成功!

 日本最大級のイベント「東京モーターショー」で、会場グルメを総合プロデュースさせてもらいました。

 2年に1度のこの祭典、前回の来場者77万人に対し、なんと今回は130万人を達成。自分が厳選した「車で行きたい人気店」に出店いただき、前代未聞の28万食を提供!

 「食」は誰もが楽しめるコンテンツだからこそ、車との掛け合わせも楽しいですね。

 目の前でおいしいおいしいと喜んでくれたお客さんたちの笑顔が、どの料理よりも輝いて見えました。食はエンタメ!

[お台場/晴れ/12:00]

●紹介してくれたのは……
フォーリンデブはっしーさん

お肉博士とお米ソムリエの資格を持ち、肉を中心にごはんのオカズを求めて食べ歩く、グルメエンターテイナー。外食専門家としてはBlogとInstagramの人気が日本一。農水省の国産食材アンバサダーなども務める。決めゼリフは、デブリシャス!

Text=Hassy
Photographs=Wataru Sato