中国・湖北省の武漢市では死者も確認(C)ロイター/CCTV

写真拡大

 中国中部の湖北省武漢市でコロナウイルスによるとみられる新型肺炎の発症が相次いでいる問題で、日本国内で初めて感染患者が確認された。

中国で肺炎多発 訪日客70万人「春節パンデミック」の恐怖

 武漢市への渡航歴がある神奈川県内に住む30代の中国国籍の男性で、日本国内で肺炎の症状を訴え、国立感染症研究所のウイルス検査を受けた結果、新型肺炎の陽性反応が出たという。厚生労働省が16日、明らかにした。

 武漢市ではこれまでに41人が新型肺炎に発症し1人が死亡、6人が重症となっている。同市の衛生当局は15日、「限定的だが、ヒトからヒトに感染する可能性は排除できない」との見解を明らかにした。