課題はスライダー(C)日刊ゲンダイ/表はBaseball Geeksからの引用です

写真拡大 (全2枚)

 7日から新人合同自主トレを行うヤクルト1位の奥川恭伸(星稜)。14日には12分間走で新人6選手中、断トツの3375メートル(時速16・88キロ)を快走した。昨夏の甲子園準優勝投手で、U18ではカナダ相手に7回18奪三振の快投を見せた新世代の怪物候補を、スポーツ科学の専門家である神事努氏(40=国学院大人間開発学部健康体育学科准教授)が徹底解剖する。

口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

◇  ◇  ◇

 ――直球の回転軸角度が81度と非常に大きい。

「縦回転のキレイなバックスピンに近く、回転数もプロ平均に近い。すでにプロの球といえます」

 ――他に特徴は?

「少しシュート成分が大きく、シュートしながらホップする。かなり良い球質です。MLBのバーランダー(アストロズ=通算225勝)に似た球質といえます。ただ、今以上に球をホップさせるのはなかなか難しいでしょうし、先発の場合は最速よりも平均球速が大事になりますから、平均球速を上げることが今後の課題になるのかなと思います」

 ――変化球に関しては?

「スライダーは『高校生のスライダー』というのが第一印象です。高速でグッと曲がるというより、プロではカーブの部類に入るのかなと。高校時代はスライダーで多くの三振を奪ったイメージがあるかもしれませんが、プロでは少し厳しいのかなと思います」

 ――曲がるタイミングが早く、曲がりも大きいということでしょうか?

「高校生の場合は、速い直球とスライダーに対応しきれず空振りが多く取れても、プロでは大きく膨らみすぎると、この球は変化球だなとわかってしまう。打者のスイング速度が速い分、待てる時間も長くなる。大きく曲がりすぎる変化球は、通用しない傾向にあるといえる。ただ、決して使えない球ということではなく、先発を務めるなら、あと1〜2球種は必要でしょう」

 ――その点で奥川は、カットボールを習得し、フォークに磨きをかける意思があるようです。

「カットのように小さく変化する球は一番使えると思います。フォークについても、高校時は真下に落ちるというより、引っかかってカット気味に曲がっていくような球。右打者はまだしも、左打者には結構、危ない球になるかもしれない。

 スライダーの握りの写真を見ると、今の握り方では指の<腹>の部分でリリースするしかなく、どうしてもスピードは落ちてしまう。奥川投手は、カットのように、できるだけ指先でリリースする変化球を身に付けることが必要かもしれません」

 ――変化球でいえば、昨夏の甲子園決勝で履正社・井上(阪神2位)に高めに抜けたスライダーを本塁打されました。

「右打者が一番手が伸びるコースで、危ない球でした。奥川投手の特徴はリリースポイントが高い位置にあること。これが大きな出力を得る要因になっているとも思うので、フォームをどうこうするというより、高めをいかに使うかということの方が大事になってくると考えられます」

 ――リリースポイントが高いと、ボールが高めに浮くことがありますが、むしろ高めを生かすということですか?

「これからは高めを使う投手が増えてくると思います。奥川投手は入射角が高いので、(捕手のミットに向かって)下向きの角度が生まれます。ただ、大事なことは、どのコースに投げるかです。奥川投手の直球は高めであってもホップします。リリースポイントの高さをそのまま生かすなら、高めの真っすぐと速いスライダーのコンビネーションを上手に活用するスタイルになるのではないでしょうか」

 ――奥川はキレイな回転軸があるので、体づくりをして、平均球速や回転数が上がると、さらに打者が伸びを感じそうです。

「そうですね。その上で緩急や奥行きを使えるようになれば、すごい投手になるかもしれません」