連載第12回(第11回はこちら>>)

【本当のプロだったデーブ・ロバーツ】

――今回は、八重樫さんが見てきた「スワローズ歴代助っ人」について伺いたいと思います。八重樫さんにとって最初に印象に残っている外国人選手は誰ですか?

八重樫 まだプロになる前の話なんだけど、僕が最初にプロ野球を生で観戦したのが高校生の時。県営宮城球場で見た大洋ホエールズ対サンケイアトムズ戦だったんだけど、この試合で大洋の平松(政次)さんがプロ初完封したんだよね……。

――ちょっと待ってください、手元の資料で調べますね。……あっ、1967(昭和42)年8月20日の試合ですね。この試合と外国人選手がどんな関係があるんですか?

八重樫 この試合でサンケイのセンターを守っていたのが、(デーブ・)ロバーツだったんだけど、守っている姿を見て、「すごい選手だな」って思ったことを覚えている。僕がプロに入った時にも、まだ在籍していたんだけど彼は本当のプロだったね。

――ロバーツはシーズンオフでも帰国せずに上智大学に通って勉強をして、「日本人以上に日本人」だと言われていましたよね。どういう点で、「本当のプロ」なんですか?

八重樫 考え方がプロだったよ。あれは僕がプロ2年目だから、1971年のことだったと思うけど、一軍に上がってプレーした時に彼に叱られたんだよね。通訳を介してだけど、真剣な目をして怒っていた。あまりにもすごい勢いで怒っているから、「何事かな」と思って通訳に訳してもらったんだけど……。

――怒られた理由は何だったんですか?

八重樫 僕が見逃し三振をした時には、「自分の打順が回ってきたのならば、きちんと責任を持って打席に立て!」って言われたよ。守っている時でも、身振り手振りで「こうやって(打球を)止めなければダメだ」って言われたこともあったな。あの時代の外国人選手は日本野球を舐めている選手が多かっただけに、余計にロバーツの真剣さ、熱心さは嬉しかったし、今でも印象に残っているよ。

【最悪な性格だったチャーリー・マニエル】

――ほかに印象に残っている外国人選手はいますか?

八重樫 やっぱり、(チャーリー・)マニエル、そして(デーブ・)ヒルトンかな?

――いずれも1978年のヤクルト初優勝、日本一に貢献した助っ人ですね。

八重樫 マニエルは長打が注目されていたけど、彼の場合は全方向に打てるバッティングが魅力だったと思います。ただ、さっきのロバーツと違って、とにかく性格が悪かった(笑)。日本野球を舐めきっていたよね。あの頃、いちばんかわいそうだったのはコーチだった丸山(完二)さんだったな。

――どうして、丸山さんがかわいそうだったんですか?

八重樫 丸山さんに向かって、マニエルは「素人コーチ」、みたいなことを面と向かって平気で言っていたからね。メジャー経験者は「ボスの言うことは絶対だ」という考え方だから、広岡(達朗)監督の言うことは絶対なんですよ。でも、その下のコーチのことは完全にバカにしていて、丸山さんがいつもその標的になっていた(笑)。


当時を振り返る八重樫氏 photo by Hasegawa Shoichi

―― 一方、同時期に在籍していたヒルトンはどんなタイプの選手でしたか?

八重樫 1978年、春のキャンプで自ら売り込みにきたんだけど、彼を最初に見た時には、「えっ、あんなバッティングフォームで打てるの?」って思ったな。とにかく極端に背中をかがめたクラウチングスタイルだったから(笑)。ただ、常に全力疾走、全力プレーを心がける姿勢はチームにいい影響を与えたのは間違いないよね。とにかく、彼は開幕戦の初打席で結果を残したことがいいスタートダッシュになったよね。

――1978年開幕戦、ヒルトンは一番スタメンで起用されて、初打席でいきなりツーベースヒットを放ちました。ちなみに、作家の村上春樹さんはヒルトンを見て「小説を書こう」と思い立ったそうですね(笑)。

八重樫 えっ、そうなの? それは知らなかったけど、このツーベースヒットでヒルトンは勢いに乗れたよね。実力的にはそんなに光ったものはなかったけど、ボロボロのグラブを大切にしながら、常にガッツで頑張った。ハートの強さとハングリー精神が成功の理由だったんじゃないかな。

【ホーナー、ラミレスの思い出】

――1987年に「ホーナー旋風」を巻き起こした、ボブ・ホーナーはどんな選手でしたか?

八重樫 バッティングに関しては天才ですよ。軸がまったくブレない打ち方だし、ボールをとらえるポイントがしっかりしているから、どこにでも打球を飛ばせる。構え全体がコンパクトで、最初に見た時に「コイツ、日本人みたいな打ち方をするな」って思ったけど、見事に結果を出しましたよね。

――当時の報道では、「練習態度も真面目で常に全力プレーを怠らない」と絶賛されていましたが、チームメイトから見てどうでしたか?

八重樫 いやいや、全然練習しなかったよ。バッティング練習が終わったら、すぐに休むから。いつもロッカーで寝てるから、通訳に「アイツ寝てるぞ」って言ったら、「いや、目を閉じて試合に向けて集中しているんです」って言っていたけど、普通にコクリコクリしていたね(笑)。もっとしっかり練習していたら、もう何年もプレーできたと思うだけに、残念だったな。

――人間的にはどんなタイプだったんですか?

八重樫 練習はしなかったけど、きちんと結果を出していたから誰も何も言わなかったし、どちらかと言うと「害のない人」という感じかな? 覚えているのは、とにかくビールが大好きなヤツだったということ。遠征の時に一緒に飲みに行ったことがあって、最初はバドワイザーばかり飲んでいたけど、「日本のビールのほうがうまい」と気づいて、日本のビールばかり飲んでいたね。


1987年にヤクルトでプレーしたホーナー photo by Sankei Visual

――当時、薬師丸ひろ子さんと一緒にサントリーの缶ビールのCMに出て、ホーナーは「モウイッポン」と言って、空き缶を握りつぶしていましたよね(笑)。

八重樫 本当にビールばかり飲んでいたよ。いつもジョッキで10杯以上は飲んでいたし、途中からはビールをほかのお酒で割って、さらに飲んでいたからね。「ホーナーと言えばビール」って思い出が強いな(笑)。

――それ以降の外国人選手で印象的だったのは?

八重樫 僕が引退して指導者になってからで言えば、やっぱり”ラミちゃん”だな。来日当初、(アレックス・)ラミレスは全然打てなかったんだよね。でも、メジャー経験者のプライドを尊重して、「大丈夫だよ、慣れれば打てるから」ってとにかく褒めるようにしたのがよかったのかな? 外角のボール球に手を出して空振りばかりしていたから、ティーを上げる時も横からヘソの前にボールを上げて、そこで打つように指導したんだけど、少しずつ結果を残し始めたからね。

――ラミレスの覚醒は八重樫さんの指導が大きかったんですね。

八重樫 そうだと嬉しいね。僕の指導もあったかもしれないけど、同時期にいた(ロベルト・)ペタジーニが巨人に移籍したのも大きかったんじゃないかな。

――どうしてですか?

八重樫 ペタジーニの奥さんが勝気で、ラミの奥さんが遠慮していたみたいなんだよね。ペタの奥さんはいつも球場に見に来ていたけど、ラミの奥さんはまったく球場に来ない。だから、ラミに「奥さんは来ないのか?」って聞くと、「いや……」ってごまかすんだよ。でも、ペタジーニが巨人に行ってからは、奥さんがいつも球場に来るようになって、ラミのバッティングもどんどんよくなっていった(笑)。

――まさか、そんな理由があったとは(笑)。

八重樫 本来なら、メジャーの実績で言えばペタジーニよりもラミのほうが上なんだから、ガツンと言えばいいのに、ラミはそういうことはできないタイプだった。でも、ラミは必死に日本野球に順応しようと頑張っていたから、報われてよかったよね。

(第13回につづく)