「草食系男子」は、どうすればジェンダー平等への一歩を踏み出せるか 〈男らしさからの脱却〉論を超えて

写真拡大 (全4枚)

草食系男子の出現は「フェミニズムの勝利」か

「草食系男子」という言葉が一世を風靡してから10年余りが経ちました。この語を流行させた立役者の一人・哲学者の森岡正博さんは、2009年に刊行した『最後の恋は草食系男子が持ってくる』(マガジンハウス)で

「草食系男子とは、心が優しく、男らしさに縛られておらず、恋愛にガツガツせず、傷ついたり傷つけたりすることが苦手な男子のこと」

と定義しています。草食系男子の定義は人によって様々ですし、10年余りの間の変遷もありますが、まずはこの定義を踏襲するとしましょう。

〔PHOTO〕iStock

「私自身、若いときには草食系だった」と述べる森岡さんは、一貫して草食系男子を肯定的に描いています。2011年の論考「「草食系男子」の現象学的考察」(The Review of Life Studies Vol.1:13-28、こちらで全文公開)では「マッチョであることを中核とした従来の男らしさの規範を、みずからの手で解体しようとしているのが草食系男子であるとも考えられる」と高く評価した上で、「私自身は草食系男子を批判する気持ちはまったくない。彼らを応援していきたい」と明確に述べています。

さらにこの論考では、興味深いことが記されています。少し長いですが引用しましょう。

草食系男子という男性たちがまとまって登場したことは、フェミニズムの勝利だと捉えてよいと私は考えている。なぜなら、草食系男子は、みずからが規範を産出して女性を制圧し保護するという意味での「男らしさ」を窮屈に感じ、その呪縛から自分で降りようとしている男性たちであるからだ。女性たちに糾弾されたからそうするというのではなく、自分たちの内発的な動機によってそうするわけだから、これこそがフェミニズムが望んでいた新たな男性像に近いのではないだろうか。

果たして、森岡さんが言うとおり「草食系男子」の登場は、「フェミニズムの勝利」だったのでしょうか。

必ずしも性別役割分業観から自由ではない

この点を検証するには、「草食系男子」の登場がフェミニズムの目指すジェンダー平等な社会の実現に資するかどうかを考察する必要があります。まずは『最後の恋は草食系男子が持ってくる』に掲載されている「リアル草食系男子」へのインタビューを見てみましょう。

ここでは「草食系男子」とされる4人の方それぞれの女性観や家族観が語られていますが、その内容は様々です。中には「自分の感じている違和感が、男に対して無条件に期待される「男らしさ」によるものだと分かってくると、今度は「女らしさ」によるしんどさが女性にあることにも気づきました」「つきあっている間に幾度となく、現代の結婚制度についてのお互いの考え方などを話し合う機会を持ちました」など、女性の困難を含めたジェンダーの問題と誠実に向き合おうとしている声も見られます。

一方、自分が望む結婚の形として「共働きですね。でも子どもができたら、奥さんに子どもの側にいてあげてほしいですけど」と即答する人もいました。男性は外で仕事、女性は内で家事・育児という「性別役割分業」の意識が垣間見え、いわゆる「草食系男子」がみんな、性別役割分業観から自由というわけではない様子もうかがえます。

〔PHOTO〕iStock

森岡さんの定義した「草食系男子」は、自身を縛る「男らしさ」の規範に息苦しさを感じ、そこから脱しようとします。ですが、そのことと「女性に家事・育児・介護などのケア役割を押しつけている日本社会の現状を追認するか、変えようとするか」すなわち、女性を縛る「女らしさ」や性別役割の問題とどう向き合うかは、どうやらまた別の問題のようです。

森岡さんは、いわゆる「草食系男子」が「自分たちの内発的な動機によって」自身のジェンダー規範から降りようとしていることを称賛していました。私は逆に、この点にこそ問題があると考えています。自身を縛る「男らしさ」の呪縛を窮屈に感じ、そこから逃れようとすることと、女性に「女らしさ」や「ケア役割」を求め続けることは、自身の生きやすさの追求という内発的動機において矛盾せず、容易に両立できてしまうからです。

「草食系男子」の登場は、それだけではジェンダー平等に近づく歓迎すべき事態ではありませんでした。「草食系男子」という言葉を隠れ蓑として、自身は男性役割や男らしさの規範から逃れながら、女性には相変わらずこれまで通りのジェンダー規範を求める「美味しいとこ取り」の男性が増えたとしたなら、むしろ事態は悪化しているとも考えられます。

これではとても「フェミニズムの勝利」と呼ぶことはできません。実は森岡さん自身も、先に引用した「「草食系男子」の現象学的考察」の中で、当時のフェミニズムが「草食系男子」についておおむね無反応だったことを記しています。

「男はつらいよ」の危うさ

よく似た構造は、近年話題となっている「男はつらいよ型男性学」がはらむ問題点にも見られます。江原由美子さんは昨夏に発表した論考「フェミニストの私は「男の生きづらさ」問題をどう考えるか」の中で、社会構造の変化に伴い「男性の生きづらさ」を訴える声が高まり、「男はつらいよ型男性学」が隆盛していることについて、もっと繊細な論じ方が必要だと警鐘を鳴らしています。

自分たちは上の世代ほど多くの特権を得ていない、むしろ男性として窮屈な規範ばかりが残ってしまっている。私もロスジェネ世代の男性の一人として、こうした「男性の生きづらさ」言説には一定の共感を覚えます。しかし、江原さんが指摘する通り「世代間比較において自分たちは上の世代ほど「男の特権を持っていない」といえるとしても、そのことは、同じ世代の女性と比較して「男女間格差」がないということと、同じではない」のです。

そして「男はつらいよ型男性学」は提唱者の意図を離れて、容易に「フェミニズム叩き」「マイノリティ叩き」など、ジェンダー平等とは真逆の方向の動きと呼応してしまいがちであるという江原さんの危惧を、私も共有しています。

本当に「女尊男卑」か

具体例を一つ挙げましょう。総務省が5年に一度実施する「国勢調査」によると、民間・公務員等を合わせた管理的職業従事者(管理職)の女性割合は年々高まっており、2005年から2015年までの10年間で管理職の女性は約5万6000人増えました。一方この間、管理職の男性は10万6000人減少しています。

この増減だけを見ると「男性のポストを女性が奪っている」ように見えます。高度経済成長期のような出世や昇給は望めず、しかし男性に「稼ぎ手」としての役割を求める規範が依然として残る中、これまで男性が占めていたポストが女性に奪われ続けている。こうした事象に注目して「今の日本で差別されているのは男性だ、女尊男卑だ」と主張する人もいます。

ですが2015年の管理職者数の実数は女性23万1660人に対し男性が121万5530人であり、女性比率は16%に過ぎません。役職が上がるにつれ女性比率は下がり、大手であっても社内取締役は全員男性という企業も珍しくないのが実情です。

下のグラフを見て頂くと、確かに少しずつ改善の傾向は見られるものの、依然として日本では企業における昇進や社会的地位、そして経済力といった基本的な部分において、女性が圧倒的に厳しい位置に置かれている現状が明らかになります。


拡大画像表示

フェミニズムは女性の権利獲得を求める運動であると同時に、ジェンダー平等という社会的公正を求める運動です。「草食系男子」への無批判な賞賛や「男はつらいよ型男性学」は、男性が自身に課せられた性別役割やジェンダー規範からの脱却を求めるだけではなく、女性に課せられた性別役割やジェンダー規範にも目を向け、多くの点で女性が差別的な立場に置かれている現状を変えようとしない限り、ジェンダー平等という社会的公正に資することにはならないのです。

この点を外し、ただ単に「男らしさの規範から降りようとする男性」や「恋愛に奥手な男性」を「草食系男子」と呼んでしまうのなら、その登場がジェンダー平等にプラスの効果をもたらすとは限りません。むしろこうした男性たちが自身の心地よさだけを追求すると、現在の日本のジェンダー非対称な構造において、自身が男性として享受している特権をそのまま温存しようという動きに繋がりかねないのです。

彼らにとって、ジェンダー平等を訴えるフェミニズムの主張は、自分たちの安寧を脅かす目障りな存在として、バッシングの対象となってしまいます。「男らしさも恋愛も面倒」という、いわば利己的な理由だけで「草食化」した男性たちは、決してジェンダー平等に資する存在とは言えないのです。

女性を「ひとりの人間」として見る

とはいえ、「草食系男子」と呼ばれる人々は、ジェンダー平等で公正な社会の実現に大きく貢献する可能性を秘めているとも私は考えています。

森岡さんは『最後の恋は草食系男子が持ってくる』の中で、「草食系男子のおおまかな特徴」として、「「男はこうあるべきだ」という男らしさに縛られていない」「女性に対して、性的にガツガツしない」といった要素と並べ「女性を、女として見る前に、ひとりの人間として見ることができる」ことを挙げています。

また「草食系男子」に向けて書かれた『草食系男子の恋愛学』(2008年→2010年、メディアファクトリー文庫)では、「女性の「身」になって考えること」に一章を割き、「社会の中の女性を考える」こと、つまりジェンダー非対称の問題と向き合うことの重要性を説いています(ただし、家事・育児・介護など本来は全ての人が担うべきケア役割の多くが女性にばかり課されており、その結果として女性の社会進出が阻まれている日本社会の現状については、残念ながらほとんど言及されていません)。

『最後の恋は草食系男子が持ってくる』において、森岡さんはなぜか「女性を、女として見る前に、ひとりの人間として見ることができる」という項目を「草食系男子」の定義からは外してしまっていました。私はむしろこの点こそが、ジェンダー平等という観点から見たとき、今の日本社会において全ての男性に求められていることだと考えています。

〔PHOTO〕iStock

先に引用したインタビューのように、自身を縛る「男らしさ」に違和感を抱いた男性が、女性もまた「女らしさ」による生きづらさを感じていることに気づくというケースも多いでしょう。

「男らしさ」やジェンダー規範を完全に内面化してしまっている男性よりも、違和感を抱く男性たちのほうが、よりジェンダーの問題に敏感であることは確かだと思われます。そこで利己的な「美味しいとこ取り」に陥らず、女性の困難に気づき、社会を変えていくための大切な第一歩が「女性をひとりの人間として見る」ことなのです。

女性を「女性」というカテゴリーではなく、自分と同じ重みをもった一人ひとりの人間として接し、自分の「生きづらさ」を語るのと同じくらい相手の困難について耳を傾けること。それができれば、現在の日本社会の様々な場面で多くの女性が「女性である」という理由それだけで不利益を被っていること、決して今の日本社会は「公正な社会」ではないことに気づくはずです。

社会的公正と生きやすさは両立する

このように論じると、「なぜ男性である自分がフェミニズムの味方をしなくてはならないのか」「なぜ自分の幸福だけを追求してはいけないのか、社会的公正やジェンダー平等にどれほどの価値があるのか」と反論する人もおられることでしょう。

よく知られている通り、人権や平等といった近代で重視されている概念は、少しずつその対象範囲を広げてきました。かつて人種や生家の身分で生き方が制限されていた時代に比べれば、私たちは自分の人生について、多くの自由を得ています。

制限選挙で選挙権を有していた特権層が、自分の一票の重みが減るのを承知で男子普通選挙導入を訴える政党に票を投じ男子普選を実現させたように、自身の特権が多少減じてでも「公正な社会」を選んできた歴史は無数にあり、私たちもその恩恵を得ています。

そうした歴史を無視し、自身がいま得ている恩恵は保持しつつ、より平等で公正な社会を目指す動きに待ったをかけるのは、あまりにも虫が良すぎる態度ではないでしょうか。

何より、社会的公正と自身の生きやすさの追求は、決して矛盾するものではなく、両立できるものです。女性が生きづらさや困難を語り、ジェンダー平等を訴える声は、「草食系男子」のあなたを攻撃する声ではありません。

職場の同僚や、SNSを通じて聞こえてくるこうした一人ひとりの声に耳を傾け、この社会がよりジェンダーに縛られない、公正なものとなるよう身近なことから変えていくこと。セクハラ発言に「それ、セクハラですよ」と伝えたり、ケア役割が女性に集中しがちな現状を改善したりといった日々の営みを積み重ねていくこと。優しく、他者の痛みに敏感な人びとによる静かな革命が、自身を縛るジェンダー規範からの解放をもたらし、この社会をより公正な姿へと変えていく大きな力となるのです。

※本稿の執筆にあたり、澁谷知美さん・平山亮さんよりたいへん有益なアドバイスを頂きました。厚く御礼申し上げます。なお本稿の文責は全て前川に帰します。