低調五輪代表、柏移籍DF大南「一緒に悔しさを味わえていないことが悔しい」

写真拡大

 覚悟の移籍となる。DF大南拓磨は昨年、ジュビロ磐田でキャリアハイの22試合に出場。しかしチームは最下位に終わりJ2降格が決定したことで、「自分の成長を優先」して、J1に復帰した柏レイソルへの完全移籍を決断した。

 東京オリンピックへの出場は限られたものにだけ与えられる。まだまだ可能性があるからこそ追い求めたい。そこに偽りはない。「J2に落ちてしまったので責任を感じているけど、オリンピックを目指すうえではJ1で試合に出ていないと厳しいなと思った。自分の成長を優先したので、メンバーに滑り込んで行かないといけないと思っています」。

 東京五輪代表であるU-23日本代表は現在、タイで開催されているAFC U-23選手権に参戦中。しか2連敗で早々にグループリーグ敗退が決まった。低調な結果に同代表には厳しい声もかけられているが、大南は「一緒に悔しさを味わえていないことが悔しい」と話す。

 ここからの逆転選出も大いに可能性があると信じている。ただそのためには柏で開幕からレギュラーとして試合に出続ける必要がでてくる。「ポジション争いにしっかりと勝って、試合に続けることが大事だと思います」。競争が激しいことは覚悟の上。間近に迫った目標に向け、積極的に勝負を仕掛ける。

(取材・文 児玉幸洋)