鹿児島県警本部

写真拡大

 小学生女児に性的暴行を加えたとして、鹿児島県警は15日、同県鹿屋市西原3丁目、海上自衛隊鹿屋航空基地第1整備補給隊所属の2等海曹、上園大作容疑者(44)を強姦(ごうかん)(現・強制性交)の疑いで再逮捕し、発表した。

 「自分の欲望を抑えきれなかった」と容疑をおおむね認めているという。

 上園容疑者の逮捕は3回目。別の小学生女児2人について、体を触ったり、衣服を脱がせて撮影したりしたとして、強制わいせつやわいせつ目的誘拐などの罪で起訴されている。

 捜査1課によると、上園容疑者は2011年7月16日ごろ〜12年1月9日ごろの間、住んでいた山口県内の自宅で、面識があった小学校低学年の女児(当時)に対し、少なくとも4回、性的暴行を加えた疑いがある。上園容疑者の供述や押収したパソコンに残っていたデータから発覚したという。(合田純奈)