優勝したユ・ヨンを祝福したのは…【写真:Getty Images】

写真拡大

優勝したユ・ヨンに対し、スタンドから韓国国旗を振り応援する日本3選手の姿に脚光

 原則15〜18歳が対象の第3回冬季ユース五輪、フィギュアスケート男子ではショートプログラム(SP)3位の16歳・鍵山優真(星槎国際高横浜)がフリーで鮮やかな逆転優勝を飾った。一方、女子では「キム・ヨナの後継者」としても注目を浴びる15歳ユ・ヨン(韓国)が優勝したが、スタンドでは鍵山、アイスダンスの西山真瑚(しんご)&吉田唄菜(うたな)ペアが韓国の国旗を掲げて応援。五輪公式メディアでは実際のシーンを動画つきで公開し、「これがすべてだ」と他選手に声援を送る姿を絶賛している。

 見事な3回転アクセルを決めるなど圧巻の演技で優勝を飾ったユ・ヨン。スタンドからは日本の3選手が熱い声援を送っていた。

 仲良く並んだ3人が合わせて持つのは韓国の国旗。周りの観衆が拍手を送る中で、完璧な演技を見せたユ・ヨンを称えるように笑顔で旗を揺らしている。競技者としてリスペクトを示す、美しい光景だった。

 五輪公式メディア「オリンピックチャンネル」の公式ツイッターでは「これが全てだ。日本のフィギュアスケーターのユーマ・カギヤマ、ウタナ・ヨシダ、シンゴ・ニシヤマは韓国の国旗を振って、ユ・ヨンのローザンヌでの勝利を祝福した」とキャプションをつけて動画付きで公開。スポーツマンシップを称えている。

 今後のフィギュア界を引っ張っていくであろう日韓の金の卵たち。切磋琢磨し、2022年の北京五輪へ向けて高め合っていく。(THE ANSWER編集部)