ミルクボーイ

写真拡大 (全4枚)

カルチャー雑誌『Quick Japan(クイック・ジャパン)』(太田出版)が手がけるWebニュースメディア「QJWeb クイック・ジャパン ウェブ」が1月15日に公開された。

【カルチャーからニュースを読む『QJWeb』 ミルクボーイ独占インタビューで始動の画像・動画をすべて見る】

創刊を記念するスペシャル企画は「総力特集 お笑い2020」。第1弾は「M-1グランプリ2019」で王者に輝いたミルクボーイの独占インタビューを公開。



さらに同じく「M-1グランプリ2019」で新しい笑いのスタイルを確立したぺこぱなど、多数の芸人やその関係者が登場する。

『Quick Japan』が満を持してWebへ

「QJWeb クイック・ジャパン ウェブ」

「QJWeb クイック・ジャパン ウェブ」は、『Quick Japan』4代目編集長・森山裕之さんが編集長をつとめ、 創刊以来核としてきた、自分たちが「本当におもしろい」と確信したことだけを活字にするWebニュースメディア。

『Quick Japan』は1994年刊行以来、テレビや新聞が報道しない、編集部の独自のスタンスに基づいた記事づくりを貫いており、刊行されるたびに特集内容が話題を呼んできた。

多彩な執筆陣による時評も展開

「QJWeb」では総力特集「お笑い2020」のほかにもWebならではのコンテンツを展開。

時評の執筆陣には俳優の古舘寛治さんやネット編集者の中川淳一郎さん、YouTuberマネジメント企業・UUUMの代表をつとめる鎌田和樹さんらが名を連ねている。

古舘寛治さん

鎌田和樹さん

さらに雑誌『Quick Japan』のバックナンバーから、岡崎体育さんと鬼龍院翔さん、いとうせいこうさんと上田晋也さんとの対談など、読みごたえのあるアーカイブ記事の掲載や本誌連動の企画を実施していく。

編集長・森山さんは始動直前に発表したステイトメントで、「QJWeb」について「個人の声、個人の視点にこだわり、カルチャー(生活)からニュース(世界)を読むことを実践していきます」とコメント。

雑誌としてカルチャーを牽引してきた『Quick Japan』が、個人という視点を切り口に、カルチャーを通じてどのような世界=ニュースを発信していくのだろうか。

QJWebに登場する人物をもっとみる