DF岩田智輝が副キャプテンに

写真拡大

 大分トリニータは15日、2020シーズンのキャプテンおよび副キャプテンを決定したことを発表した。キャプテンはDF鈴木義宜(27)が、副キャプテンはGK高木駿(30)、MF小林裕紀(31)、U-22日本代表DF岩田智輝(22)が就任している。

 キャプテンには引き続き鈴木が就任。クラブ公式サイトで「キャプテンとしてみんなの支柱になれるよう努め、チームを闘う集団にしていきたいと思います」と意気込みを伝えている。

 また、副キャプテンには3選手が就任。19シーズンから継続の高木はクラブ公式サイトで「シーズンが終わるまで、チームが一体感を持って良い雰囲気でいれるように、一人ひとりが主体性を持って勢いのある良いチームになれるよう、最大限努力していきたいと思います」と伝えている。

 小林は「チームの勝利のために全力で頑張りますので、チームへのご声援をよろしくお願いします」とコメント。岩田は「副キャプテン大丈夫?と言われるかもしれませんが、自分らしくキャプテンの鈴木選手を支えつつ、少しでもチームのプラスになるように貢献していきたいと思います。優しく、優しく見守ってください」と伝えている。