バルサ選手と新監督セティエン

写真拡大

キケ・セティエンは、元監督バルベルデがトップチームのスタッフと合意した休息日のキャンセルを決定し、水曜日にサン・ジョアン・デスピのスポーツシティでのトレーニングを予定している。

【1月26日(日)0時K.O. バレンシア対バルセロナ観戦会】
会場は新宿駅近スポーツバーのロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

トレーニングは午前11時からティト・ビラノバ競技場で行われる。グラナダとの試合に向けて、セティエンが自身にとって新しいメンバーをよりよく知るために利用したいと、予定を変更したそうだ。

正確に言うと、彼の最初の日、エルネスト・バルベルデが選手たちに別れを告げた後、2つのワークセッションを実施しました。午前中、セティエンはフィリアルのイグナシオ・ペーニャ、アラウホ、リキ・プッチ、カルレス・ペレス、アンス・ファティらを迎え、午後のセッションではアラウホをチュミに変更した。

バルセロナの新監督は、シャルケ04と移籍交渉しているトディボがいなくなった後、フィリアルの中心メンバーがどのようにプレーするかを知りたいと考えていると思われる。

バルセロナのウェブサイトに掲載されていたものによると、今週の連絡計画では、水曜日に選手の休息日と決まっていた。このことが選手個人の計画において、さらなる変更を引き起こしたかどうかはわからない。