今年初めてブルペン入りした張奕

写真拡大

 オリックス・張奕投手が15日、大阪市此花区の球団施設でブルペン入り。約30球、昨年11月のプレミア12以来となる本格投球を行った。

 「感触を確かめたかった。まだまだこれからです」

 プレミア12に台湾代表として参加。最優秀先発投手、最優秀防御率、最高勝率投手の投手三冠に輝いた。大会終了後はさらなる飛躍を求めて自主トレや体のしくみについて学ぶ機会をつくるなど精力的に過ごしてきた。

 今後は舞洲で自主トレを続け、キャンプインまでに捕手を座らせるまで仕上げるつもり。キャンプでは最初の実戦となる9日の紅白戦に照準を合わせる。

 「そこで投げられるように仕上げたい。たぶん1イニングになると思うが、しっかりアピールしたい」

 今季の目標に先発ローテーションを1年間守り抜くことを挙げる。まずは開幕ローテを勝ち取るためにアピールを続ける。