ホアキン・ラリベイ。今まさに「絶好調」、35歳の挑戦は続く

写真拡大

名優たちの“セカンドライフ”

欧州のトップリーグで輝かしい実績を残した名優たちが、新たな挑戦の場として欧州以外の地域へと旅立つケースが増えている。しかし、そのチャレンジの様子はなかなか伝わってこない。そんな彼らの、新天地での近況にスポットライトを当てる。※月刊フットボリスタ2020年1・2月号掲載

from PARAGUAYJoaquín LARRIVEYホアキン・ラリベイ

文 Chizuru de García

 イタリア、メキシコ、スペインのクラブを渡り歩き、近年はアジアに拠点を移してUAEと日本でプレーした後、現在パラグアイの強豪セロ・ポルテーニョに所属するホアキン・ラリベイ。その逞しい体つきから「タンケ」(戦車)と呼ばれる大型ストライカーは昨年8月で35歳となったが、自ら「15年間のキャリアにおいて今まさに最高のコンディションにある」と語るほど、心身ともに絶好調の状態にある。

 ジェフ退団が決まった2018年12月、ラリベイの下にセロ・ポルテーニョでプレーするチャンスが訪れた。セロの強化部長を務めるロベルト・ナンニはかつてラリベイとともにベレス・サルスフィルでプレーした仲で、日本から戻って来た旧友がチームに最適と判断したのである。パラグアイを代表する名門であり、今年のコパ・リベルタドーレス出場も決まっていたセロからのオファーは非常に魅力的で、ラリベイは「迷うことなく承諾の返事をした」という。そしてクリスマスの前日となる12月24日にサインをし、正式に入団が決まった。

 セロの監督を務めていたフェルナンド・フベロは、それまでに計6カ国9クラブを渡り歩いてきたベテランストライカーの実力を高く評価。その優れた順応性から即戦力として大きな期待を寄せていた。

登録トラブルで1か月半を棒に

 だがここで予期せぬトラブルが起きる。保有権に絡む問題で選手登録が不可能となり、試合に出場できない事態となってしまったのだ。プレーできない日々が続き、ラリベイは焦りを感じた。セロには得点を狙うアタッカーとして元パラグアイ代表ネルソン・アエド・バルデス、同じアルゼンチン人のディエゴ・チュリンが在籍しており、レギュラーの座を約束されていたわけではない。「一日も早く試合に出て実力をアピールしたい」という気持ちを抑えながらトレーニングに集中し、調整に励んだ。

 FIFAの介入によりようやく出場可能となったのは、契約を交わしてから1カ月半後の2月8日。さっそくリーグ戦のメンバーに入り、2日後には対リーベルプレート戦に出場、デビューするなりゴールを決めてチームの勝利に貢献してみせた。

 セロのラウル・サパグ会長から「F1級のストライカー」と絶賛されたラリベイは、その期待に応えるかのように順調にチームに馴染み、4月に行なわれたコパ・リベルタドーレスのGSではブラジルの強豪アトレティコ・ミネイロを相手に好プレーを披露。自らも得点をマークして4-1の快勝の立役者となり、サポーターの心をしっかりとつかんだ。

 ただその後、セロは監督を2度交代。10月からアルゼンチン人のビクトル・ベルナイが指揮を執るようになって以降は出場機会が減少し、去る11月24日に行われたオリンピアとのクラシコではベンチに入ることもできなかった。2019後期は11試合5得点にとどまっており、この状況についてパラグアイの著名ジャーナリスト、ガブリエル・カセナベは「セロとの契約はあと1年残っているが、他のクラブを探すのではないか」と見ている。

 明るく誠実な人柄でセロのサポーターからも敬愛されるラリベイ。だが、自ら「今がベストコンディション」と語っているだけに、今後さらなる挑戦を求めて新天地を探す可能性は大いにありそうだ。

https://twitter.com/chizurufgarcia/status/1215267053281730567
1月9日に新天地が決定。国内リーグ18度の優勝を誇る名門を舞台に、ラリベイの冒険は続く

Joaquín Larriveyホアキン・ラリベイ(セロ・ポルテーニョ→ウニベルシダ・デ・チレ)1984.8.20(35歳)185cm / 82kg FW ARGENTINA

2004-07 Huracán2007-09 Cagliari (ITA)

手前はインテルのクリスティアン・キブ

2009 Vélez Sársfield on loan2009-10 Cagliari (ITA)

2010-11 Colón on loan2011-12 Cagliari (ITA)

欧州初挑戦となったカリアリには、母国クラブへの2度のレンタルを挟み2012年まで所属。実力を磨いた

2012-13 Atlante (MEX)2013-14 Rayo Vallecano (ESP)

パコ・ヘメス監督の下、魅惑のアタッキングフットボールしたラジョ・バジェカーノの得点源としてリーガで12ゴールを記録した

2014-15 Celta (ESP)2015-17 Baniyas (UAE)2017-18 JEF United Chiba (JPN)

ジェフでは所属した2シーズンともに2桁得点をマークしチームを牽引した

2019 Cerro Porteño (PAR)

https://www.instagram.com/p/B66oP0JgCEA/?utm_source=ig_embed
セロでチームメイトだったディエゴ・チュリンが自身のSNSにアップした、ラリベイとの“ラストデイ”の画像

2020- Universidad de Chile (CHI)

https://twitter.com/udechile/status/1215241892591558657

Photos: Getty Images