若林舞衣子

写真拡大

 日本女子プロゴルフ協会は15日、18年11月から「産休制度」を適用していた若林舞衣子が復帰することを発表した。産休制度の規定により、2020年度はシード選手となる。

 若林は「第33回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントから復帰することになりました。とても楽しみです」とコメント。LPGAツアー3度の優勝経験がある31歳は「世代は変わってきていますが、がんばります。粘り強くプレーするところを是非見てください。応援どうぞよろしくお願いいたします」と意気込んだ。